リオ2016, リオパラリンピック — 2016/9/8 木曜日 at 13:14:29

【リオ2016】リオパラリンピックが開幕!日本選手団は笑顔で入場行進

by
日本選手団入場行進=マラカナン競技場

リオパラリンピックがいよいよ開幕。旗手の上地結衣を先頭に入場行進する日本選手団=マラカナン競技場(撮影/吉村もと)

第15回夏季リオ2016パラリンピック競技大会が7日、開幕した。22競技528種目に159の国・地域から約4300人のアスリートが参加。パラリンピック初の「難民選手団」として、シリア出身とイラン出身の選手も参加している。

18日までの12日間にわたる決戦の幕が切って落とされた。

現地時間午後5時半からマラカナン競技場で行われた開会式の入場行進では、まずパラリンピック旗を掲げた難民選手団が登場。アナウンスが流れると会場から大きな声援が送られた。日本選手団は旗手の上地結衣(エイベックス・グループ・ホールディングス)を先頭に、選手と役員118人が行進。会場の観客席はほぼ埋まり、選手たちはスタジアムの雰囲気をかみしめるように、日の丸の小旗を振りながら笑顔で声援に応えていた。

ブラジル選手団入場時のエスタジオ・ド・マラカナン

最後にブラジル選手団が入場すると会場は大声援に包まれた

今大会から正式競技となるカヌーに出場する瀬立モニカ(筑波大)は「スポーツと笑顔でリオから2020東京に向けて世界を繋げていきたい」、前回金メダルを獲得した女子ゴールボールの浦田理恵(総合メディカル)は「これまでの練習でやってきたことを思いっきりやりきる」、水泳で複数のメダル獲得が期待される木村敬一(東京ガス)は「全力を出し切る」、ウィルチェアーラグビーの池透暢(日興アセットマネジメント)は「目標にしてきた場所にやっときて、気持ちが高ぶった。集中力を個人のテーマに結果を残して帰りたい」とコメントを発表した。日本選手は17競技に132人が出場する。

今大会は、国家ぐるみのドーピングをめぐってロシアはすべての選手が除外されている。また、大会予算不足のため大会規模を縮小、用意された観戦チケットの売れ残りなど、暗い話題が続いた。8日から始まる競技では、そうした雰囲気を吹き飛ばすようなアスリートたちの素晴らしいパフォーマンスに期待したい。

(取材・文/荒木美晴、撮影/吉村もと)