【Writer’s eye】パラ初出場のアイスホッケー・熊谷昌治、ソチ不参加の悔しさを糧にエースへ成長

by
観客の声援に応える熊谷。日韓戦には日本からも大勢のファンが駆けつけた=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

韓国に敗戦も「次につながる大きな1点」

パラアイスホッケー日本代表が8年越しに挑んだ夢舞台の初戦は、ほろ苦い結果に終わった。平昌パラリンピックのアイスホッケー日本代表は10日、1次リーグ初戦で韓国と対戦し、1−4で敗れた。序盤は日本が強化してきた守備が機能し、格上の韓国を苦しめたが、終盤に連続失点してゲームオーバー。会場の空気も完全アウェーだったが、その中で何度も「ニッポン!」コールが響き渡り、日本選手の背中を押した。

選手の家族や友人たちを含め、多くの日本人が会場に足を運んでいた。日本のエース・熊谷昌治(アディダス)は、自身がターンオーバーを許した場面もあり、敗戦に悔しさをにじませながらも、こう話した。

「こんな大舞台で戦えるのは本当に幸せ。僕の人生にとっても大きな財産になると思います」

終盤の日本の1点は、ゴール裏から熊谷がすくい上げたパックが上原大祐(日本電気)、そして高橋和広(西東京市役所)につながった。フォワードとしては自分が得点を取ることを使命と感じ、「がむしゃらにやってきた」が、ここ1年間はずっと“攻撃の起点”となるプレーも意識してきた。理想の形で決めたこの得点は上原とともに熊谷もアシストが記録され、「次につながる大きな1点です」と胸を張った。

競技を始めて3カ月で日本代表に

熊谷にとって、平昌が初めてのパラリンピック出場となる。

パラリンピックは初出場の熊谷

33歳だった2008年8月、熊谷はバイクで国道を走行中に対向の右折車に跳ね飛ばされ、右脚のひざから下を切断した。失意の中、義足のハイジャンパー・鈴木徹の講演会を聴いたことがきっかけでパラスポーツと出会い、車いすバスケットボールや陸上などに取り組むようになった。

パラアイスホッケーを始めたのは、日本が銀メダルを獲得した10年のバンクーバー大会後だ。「一緒に世界を目指さないか?」。そう熊谷に声をかけたのが、1998年長野大会から日本代表の主力選手として活躍する吉川守(中部電力)だった。吉川にわたされた輝く銀メダルの向こうに“世界”が見えて、大きな刺激を受けた。

吉川と同じ長野サンダーバーズで練習を始めた熊谷。ほかのメンバーはスイスイと氷の上を滑っているが、熊谷はバランスが取れず転んでばかり。それでも、吉川がマンツーマンでスケーティングの基礎を教えると、もともとの運動神経の良さもあり、一気に成長の階段を駆け上がっていった。

競技を始めてからわずか3カ月で日本代表になった。12年には世界選手権(ノルウェー・ハーマル)に初出場したが、出場機会は結果が出た後の試合で、アイスタイムもごくわずかだった。その悔しさを晴らし、また世界との力の差を埋めるべく、帰国後はひたすら練習に励んだ。磨きをかけたスピードを生かしたシュート力は日本チームの武器となり、ファーストセットに名を連ねるまでになった。

徹底的に追い込み技術を磨いた

吉川(左)ら仲間とパラリンピックでプレーする喜びをかみしめたいと話す熊谷(右)

だが、14年のソチ大会はパラリンピック出場を逃した。敗れた最終予選では、主軸ではなく第2セットに回った悔しさもあり、「自分の力不足」と氷の上で涙を流した。肩を震わせてうつむく熊谷に近寄り、「次は絶対に勝ってやろう」と声をかけたのは、やはり吉川だった。

キャリアの短い熊谷は、それからの4年間にすべてを懸けた。自分の成長がチームの成長につながると信じ、徹底的に自分を追い込み、技術を磨き、昨年の平昌大会最終予選には日本の“エース”として臨んだ。「中北(浩仁)監督には、苦しい時にまとめるのがエースだ、と言われ、積極的にチームメートに声をかけるようにもなりました」。負傷による緊急帰国を余儀なくされたDF三沢英司(日本製紙)のために、という気持ちも重なって、日本はより結束し、強豪を撃破。熊谷自身もチーム最多の4ゴールを挙げ、2大会ぶりのパラリンピック出場権獲得に貢献した。

今回、日本チームのなかで、もっとも長いキャリアを誇る吉川とともに、日本代表としてパラリンピックに出場することに、感慨もひとしおだ。「チームの平均年齢は41.9歳。メンバーは本当に最少人数で、幾度とチーム解散の危機を迎えるなかで、ヨッシー(吉川)や須藤(悟)さんたちベテラン勢が、チームの灯を絶やさずに守ってきてくれた。8年がかりになりましたが、やっと彼らと一緒にパラリンピック出場を実現できてうれしいです」

次戦は「世界の2強」の一角・米国

「本当にありがとう」

韓国戦が始まる前、熊谷はロッカールームで吉川に言ったそうだ。短い言葉だったが、交わした握手ですべてが伝わった。

吉川は言う。「ここまで連れてきてくれたってクマは言うけれど、自分がつかんで実現したこと。それはクマをほめてやりたいと思うし、自分としても一緒にパラに出場できたことが一番うれしい」と笑顔で話す。さらに「クマに(パラで)初アシストが付いたけれど、ああいう場面でもっと活躍できれば絶対的なエースになれると思う。そうしたら僕らもドンと構えてられるので、そういうプレーをもっと見せてほしいですね」と愛ある注文も忘れない。

11日は、世界ランク2位の米国と対戦する。カナダとともに世界の2強と言われる強豪だが、「厳しい試合になると思うが、今日の序盤のように守りを徹底して臨みたい」と熊谷。仲間とパラリンピックでプレーする喜びをかみしめながら、全力でパックを追うつもりだ。

(取材・文:荒木美晴、撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)