その他, リオ2016 — 2016/9/18 日曜日 at 19:38:02

【9月17日/第10日目】陸上・山本が銀メダル、水泳・17歳の中島が銅メダルを獲得!

by

リオパラリンピック10日目の17日(現地時間)、日本勢は、陸上・男子走り幅跳び(切断などT42)決勝で山本篤(スズキ)が自己ベストに並ぶ6m62をマークして銀メダルに輝いた。水泳・男子200m個人メドレー(知的障害)に出場した17歳高校生の中島啓智(中山学園高)が予選を2分16秒00で泳ぎ2位となり決勝進出。決勝では2分15秒46で3位となり、銅メダルを獲得した。

陸上競技は、女子100m(車いすT52)決勝で木山由加(エイベックス・グループ・ホールディングス)が24秒44で4位、男子100m(車いすT54)決勝で永尾嘉章(兵庫県加東健康福祉事務所)が14秒71で8位となった。女子100m(切断などT44)では髙桑早生(エイベックス・グループ・ホールディングス)が予選で13秒43を記録して7位となり、タイムにより決勝へ。決勝では13秒65で8位となった。同種目に出場した中西麻耶(うちのう整形外科)は14秒40で16位となり予選敗退となった。また、女子100m(切断などT42)では前川楓(愛知医療学院短期大)が17秒05で予選7位、大西瞳(目黒区役所)が17秒24で予選8位になり決勝進出。決勝では前川が17秒39で7位、大西が17秒51で8位だった。女子800m(車いすT53)の中山和美(アクセンチュア)は1分55秒89で予選1組5位。予選で敗退し、順位は10位だった。

水泳では、女子100m自由形(運動機能障害S5)で成田真由美(日本テレビ放送網)が1分26秒91で予選7位通過。決勝では1分26秒39で日本新記録をマークして7位となった。男子200m個人メドレー(知的障害)ではメダルを獲得した中島以外に津川拓也(ANAウィングフェローズ・ヴイ王子)と田中康大(あひるの会あかね園)が出場し、津川が2分18秒45で予選を5位で通過して決勝へ。決勝では2分18秒03で5位となった。田中は2分20秒41で予選9位となり決勝進出とはならなかった。女子100m背泳ぎ(視覚障害S13)では笠本明里(大塚商会)が1分17秒98で11位、予選敗退、男子100m自由形(運動機能障害S5)の鈴木孝幸(ゴールドウイン)も1分24秒76で11位、予選敗退となった。

ウィルチェアーラグビーは準決勝。2大会連続で準決勝に進出となった世界ランキング3位の日本は、ロンドン大会金メダルで世界ランキング2位の強豪オーストラリアと対戦。57―63で敗れて3位決定戦に回ることになった。銅メダルをかけた3位決定戦の相手はカナダとなった。

自転車・ロードでは、女子タンデム個人ロードレース(視覚障害)で鹿沼由理恵(楽天ソシオビジネス)が2時間07分23で10位、男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)に出場した石井雅史(藤沢市みらい創造財団)は途中棄権となった。

(構成/TEAM A)