車椅子バスケットボール — 2013/9/27 金曜日 at 20:37:00

プロ車椅子バスケットボールプレーヤー香西、ドイツで始動!

by

イリノイ大学日本同窓会による壮行会で激励される“プロ選手”香西宏昭/撮影:瀬長あすか

車椅子バスケットボール選手で、ロンドンパラリンピック日本代表の香西宏昭(ガード/フォワード)が、ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVと契約し、入団。プロ選手として新たなキャリアをスタートさせる。

香西は8月に車椅子バスケットボールの名門、イリノイ大学を卒業。在学中は、全米大学選手権優勝、2シーズンに渡りキャプテンを務める経験を積んだほか、2度のシーズンMVP受賞に輝く活躍を見せた。

そんな彼が次のステージとして選んだのが、強豪ひしめく欧州リーグ。日本人では、プロ選手として初めてイタリアでプレーした安直樹、ドイツの強豪に所属し、ヨーロッパチャンピオンズカップの優勝を経験している堀江航に続く挑戦になる。

「Jキャンプ」のキャンプで若い選手たちの講師を務めた香西=8月9日、茨城県立医療大学/撮影:吉村もと

8月31日にイリノイ大学日本同窓会主催の壮行会に出席し、プロ宣言した香西は、「(イリノイ大学に編入するために渡米し)アメリカでの6年間、苦しいときもあったけど、楽しみながらバスケットボールに取り組んできた。ヨーロッパでも、楽しむことを忘れずにステップアップしていきたい」と話した。

日本代表合宿に参加後、今月10日に出国。すでにチームに合流して、現地での生活を始めており、2013-14シーズン開幕に備えて練習を重ねているという。

現地時間の28日、ブンデスリーガが開幕する。各チームの試合は週1回のペースで、10チーム(1部リーグ)がリーグ戦を争う。ハンブルガーSVの初戦は29日。チームは上位4チームに出場権が与えられる、プレーオフ進出を目標に掲げる。世界中から集まる猛者たちがしのぎを削る欧州を舞台に、どんな活躍を見せてくれるのか。日本人プレーヤー香西宏昭に注目したい。

(取材・文/瀬長あすか)