ブラインドサッカーアジア選手権、もうすぐ開幕!

by

世界選手権出場を目指す日本代表チーム/写真:吉村もと
世界選手権出場を目指す日本代表チーム/写真:吉村もと

第3回IBSA視覚障害者サッカーアジア選手権が、12月16日、東京都調布市のアミノバイ タルフィールドで開幕する。出場するのは、日本、中国、韓国、イラン、マレーシアの 5ヵ国。上位2ヵ国には2010年世界選手権(英国)の出場権が与えられる予定。*IBSA (国際視覚障害者スポーツ連盟)の決定により正式に決まる。

試合は、まず総当たりのリーグ戦を行い、その結果をもとに順位決定戦を行う。 決勝戦は、20日(日)14時キックオフ予定。

北京パラリンピックを逃した悔しさを胸に

11月23日に行われた壮行会ではサポーターからエールをもらった
11月23日に行われた壮行会ではサポーターからエールをもらった

前回2007年の第2回大会(韓国)では決定力不足に泣き、まさかの4位に終わった日本 。目標としていたパラリンピック出場を逃した悔しさを胸に、昨年8月からほぼ月一回 、強化合宿を行い、得点への意識を上げてきた。

キャプテンの三原が「チームの雰囲気はいい。お互いに言いたいことが言える」と話す 通り、合宿の雰囲気もよく、チームメイト同士の意志疎通ができている。風祭監督が目指してきた「パスでつなぐサッカー」で優勝を狙う。

初戦で北京パラリンピック銀メダルの中国と激突

前回大会で一度もゴールネットを揺らすことができなかった日本にとって、初戦の中国戦がカギとなる。

初戦の相手は、格上の中国。10代〜20代の若い選手で構成された守備中心のチームだ。 個人のドリブル技術も高く、パラリンピックでは南米の強豪を苦しめ、旋風を巻き起こした。

日本の攻撃陣は、チームメートからの信頼が厚い黒田、ドリブルが巧みな佐々木、成長 著しい加藤。
中国の強固な守備網を突破することは簡単ではないが、まずは一点を取ってチームを波に乗せたいところだ。

――日本は前回大会の雪辱を晴らせるか。
注目の初戦は、17日(木)11時にキックオフする。

[アジア選手権概要]

大会名
第3回IBSA視覚障害者サッカーアジア選手権大会
日程
2009年12月16日(水)〜20日(日)
会場
アミノバイタルフィールド
参加国
日本、中国、韓国、イラン、マレーシア

●スケジュール、対戦表は、大会公式サイト
http://asia2009.b-soccer.jp/index.html
をご覧ください。

[過去の大会結果]

2005年 第1回大会(ベトナム)
優勝日本、2位韓国、3位ベトナム
2007年 第2回大会(韓国)
優勝中国、2位韓国、3位イラン、4位日本
2009年 第3回大会(日本)
参加国:日本、中国、韓国、イラン、マレーシア

[日本代表]

<監督>

風祭喜一(大阪ダイバンズ)
▼風祭喜一
Kiichi KAZAMATSURI
1954.11.24
(大阪ダイバンズ)

<フィールドプレイヤー>

落合啓士(F.C.Avanzare)
▼落合啓士
Hiroshi OCHIAI
1977.8. 2
(F.C.Avanzare)

加藤健人(T.wings)
▼加藤健人
Kento KATO
1985.10.25
(T.wings)

黒田智成(たまハッサーズ)
▼黒田智成
Tomonari KURODA
1978.10.9
(たまハッサーズ)

佐々木康裕(ウォーリアーズ)
▼佐々木康裕
Yasuhiro SASAKI
1975.11.20
(ウォーリアーズ)

田中章仁(たまハッサーズ)
▼田中章仁
Akihito TANAKA
1978.5.8
(たまハッサーズ)

福本大輔(T.wings)
▼福本大輔
Daisuke FUKUMOTO
1982.6.25
(T.wings)

三原健朗(ラッキーストライカーズ福岡)
▼三原健朗
Kenro MIHARA
1974.8.9
(ラッキーストライカーズ福岡)

葭原滋男(T.wings)
▼葭原滋男
Shigeo YOSHIHARA
1962.11.23
(T.wings)

<ゴールキーパー>

安部尚哉(F.C.Avanzare)
▼安部尚哉
Naoya ABE
1983.7.24
(F.C.Avanzare)

佐藤大介(たまハッサーズ)
▼佐藤大介
Daisuke SATO
1984.6.17
(たまハッサーズ)

→【特集】ブラインドサッカーアジア選手権2009