ウィルチェアーラグビー — 2010/4/16 金曜日 at 14:33:40

いよいよ全米選手権開幕!

by

nakazato_s.jpg
今シーズン、アメリカでプレーするの仲里進(手前右、グレーのユニフォーム)=Heartland Sectional Championshipsの様子/提供写真

ウィルチェアーラグビーの全米選手権、USQRA DI & DII National Championship Tournamentsが、現地時間16日(時差は日本時間-14時間)からアラバマ州のLakeshore Foundationで始まる。
今シーズン、日本から参戦中の2人はDIVISION I に出場。島川慎一がプレーするフェニックス・ヒート、仲里進がいるレイクショア・デモリッションなど、それぞれの地区を勝ち抜いた8チーム(DI)が、全米ナンバー1をかけて熱戦を繰り広げる。

地区優勝で決めた! 仲里にとって初めての全米選手権

4月2日から4日に行われたHeartland Sectional Championshipsで優勝し、全米選手権DI出場権を獲得したレイクショア・デモリッション。Joel Wilmoth(3.5class)、Eddie Crouch(0.5)という主力2選手を欠く中、All Tournament Team(2.5)を受賞する活躍でチームを勝利に導いたのは、仲里だ。「地区のライバル、Denver Harlequinsには苦戦したけれど、僕とBryan Kirkland(2.0)、そして控えのメンバーが練習の成果を発揮できた」。今シーズン、仲里は初めて故郷の沖縄を離れ、アメリカでプレーしている。全米選手権に向けて「初めてのアメリカ、初めてのナショナルズ。緊張やプレッシャーも少しありますが、優勝を目指してがんばりたい。ホームのレイクショアでの開催なので、応援を背に優勝できたら最高だとおもう。お世話になったレイクショアの皆さん、アラバマ、沖縄、日本で支えてくれた方たちに、地元での優勝というかたちで恩返しできたらうれしい」と意気込みを語った。

mich_rugby_2010_2282.JPG
Heartland Sectional Championshipsで優勝し、全米選手権進出を決めたレイクショア・デモリッションのメンバー(提供写真)

16日10時30分から行われる試合では、同じプールBのフェニックス・ヒートとレイクショア・デモリッションの対戦があり、3度目の日本人対決も予想される。仲里によると「上位6チーム、どこも強く、どこが優勝するかわからない」とのこと。初日から、白熱した対戦が展開されることは間違いなさそうだ。

大会は18日(現地時間)まで。決勝戦は18日(日)13時30分試合開始。準決勝、決勝は、下記サイトで生中継される。トップ選手の活躍をしかとご覧あれ!
http://usqra.tampadigital.com

(瀬長あすか)