ウィルチェアーラグビー — 2011/11/8 火曜日 at 16:08:16

ウィルチェアーラグビー日本代表、ロンドンパラリンピック出場切符獲得!

by

dsc_0170.JPG
パラリンピック出場を決めたウィルチェアーラグビー日本代表/撮影:吉村もと

5日から韓国のナショナル・パラスポーツ・トレーニングセンター(利川市)で開催されている「アジアオセアニア・ゾーン選手権」。決勝に進出すると2012年のロンドンパラリンピックの出場権が与えられる。

予選を3勝3敗で終えた日本は、8日の準決勝で同3勝3敗のニュージーランドと激突。49対47でニュージランドを下し、アテネ、北京に続く3度目のパラリンピック出場を決めた。2回の総当たりだった予選は1勝1敗だった。

アジア・オセアニアゾーンの強豪は3ヵ国。2010年世界選手権2位のオーストラリア、同3位の日本、アテネパラリンピック金メダルのニュージーランド。これまでパラリンピックのアジア・オセアニアゾーン枠は3枠あり、3ヵ国ともパラリンピックに出場していた。だが、昨年の世界選手権でニュージーランドが9位と振るわなかったため、この地域の枠は2枠に。4年前、3枠目で北京パラリンピック切符を掴んでいた日本にとって厳しい条件となったが、見事そのプレッシャーに打ち克ち、ロンドンへの切符をもぎ獲った。

世界選手権の3位に続き、好成績を残した日本代表。ロンドンパラリンピックではメダル獲得を目指す。

日本代表・仲里進選手(2.5クラス)のコメント
「緊迫したゲームで、途中気持ちが負けそうになったが、仲間が喝を入れてくれた。パラリンピックが決まってホッとした」

ニュージーランド代表・カーチス・パーマー選手(2.5クラス)のコメント
「6、7点あった点差を2点に縮めることができたんだけれど……。日本が強い気持ちで試合を運んでいるのが感じられた」

dsc_0031.JPGニュージーランドの激しいプレスをかわし、ゴールに突き進むエース池崎

◎日本代表選手
岸光太郎(AXE/0.5)
川下直教(AXE/0.5)
荻野晃一(BLITZ/1.0)
若山英史(横濱義塾/1.0)
庄子健(SUPER SONIC/2.0)
佐藤佳人(BLAST/2.0)
三阪洋行(HEAT/2.0)
官野一彦(BLAST/2.0)
田村学(BLITZ/2.5)
仲里進(OkinawaHurricanes/2.5)
島川慎一(BLITZ/3.0)
池崎大輔(北海道BigDippers/3.0)

(取材・文/瀬長あすか、撮影/吉村もと)