水泳 — 2009/9/16 水曜日 at 2:04:24

アジアユースパラ【水泳】18歳のエース山田、金4個獲得も笑顔見せず

by

山田選手のスタート、12日=東京辰己国際水泳場
100m自由形(S9)山田選手のスタート=12日東京辰巳国際水泳場 /写真:吉村もと

9月13日に閉幕した「東京2009アジアユースパラゲームズ」は、多くの選手にとって初めての大きな舞台だった。しかし、水泳の山田拓朗は違う。いま、18歳。パラリンピックは、アテネ、北京と2度経験した。北京では100m自由形、個人メドレーで5位に入賞し、世界の上位を狙える位置にいる。7月のジャパラでは今大会の目標を「全種目で自己ベストを出す」と語っていた。狙っていたのは、金メダルではなく、自己ベストの更新。4種目で金メダルを獲得した山田に、笑顔はなかった。

「練習では調子は悪くはなかったんですけど…… 集中できなかった」
大会第2日目の12日、競技を終えてプールから上がった山田の表情は厳しかった。
「適当に泳いでしまったという感じですね……」
コンディションは悪くなかったが、適度な緊張感を持ってレースに挑むことが出来ず、納得のいく結果が出せなかった。

トレーニングは週に6日間。約1時間の陸上トレーニングは別に、2時間は水の中にいる。練習量は、健常のアスリートにも劣らない。
自分が満足できる泳ぎができれば、世界の上を狙える。

悔しさを経験した日本の若いエースがどう変貌していくのか。今後も注目していきたい。

▼今大会の山田 拓朗の記録

S9 400m自由形 04:36.33
SM9 200m 個人メドレー 02:26.07
S9 100m 自由形 00:59.17
S9 50m 自由形 27.50

※山田選手はカテゴリーA(17〜19歳)に区分される。

(取材・文:瀬長あすか、撮影:吉村もと)