車いすカーリング、ノルウェーが絶対王者のカナダを敗る

by

カーリング予選のノルウェー対カナダは、第8エンドでは決着がつかず、延長戦へ。最後の一投まで目が離せない展開となった(撮影/吉村もと)

4位に終わり、無念の表情で報道陣のインタビューを受ける新田

ソチ冬季パラリンピック競技3日目。オリンピックパークのカーリング会場で行われている予選リーグで、ここまで全勝で3連覇を目指すカナダが延長の末、ノルウェーに8−6で破れ4勝1敗とした。ノルウェーは3勝2敗。

ノルディックスキー男子20キロクラシカル(立位)では、前回大会で金メダル2個の新田佳浩(日立ソリューションズ)が4位に終わり、メダル獲得ならず。「やってきたことは間違いではなかったが、メダルを獲れなくて悔しい」と話し、涙を流した。1位は、ロシアのMINNEGULOV Rushan。試合後、その強さの秘密を聞かれ「どんな練習をしているのか? それは内緒だよ」と答えた。また、視覚障害クラスはカナダのBrian McKEEVER が圧倒的な走りで、金メダルを獲得した。

女子スーパー大回転、視覚障害者クラスで優勝したGALLAGHER Kelly(イギリス)

女子15キロクラシカル(立位)に出場したパラリンピック初出場の阿部友里香(盛岡南高/日立ソリューションズジュニアスキークラブ)は8位に入賞した。

アルペンスキーでは女子スーパー大回転が行われた。同じくパラリンピック初出場の17歳、村岡桃佳(正智深谷高)が座位クラスで出場したが、旗門不通過で失格だった。

(取材・文/瀬長あすか・荒木美晴、撮影/吉村もと)