【バンクーバーパラリンピック】日本敗戦、キュー縮む不運

by

予選リーグで、日本チームがアメリカに敗れ、2勝5敗となった。第2エンドに大量6点を奪ったアメリカが、最後までリードを保った。

第2エンドがすべてだった。日本は第1エンドで1点を奪い、先制。だが、6つのストーンを残された第2エンド終盤、スキップ中島のショットミスで、アメリカにビッグエンドを与えた。第2エンドを除いては、両者1点を攻防する好戦だった。

cur-s14.jpg
日本はアメリカに好戦したが……/撮影:吉村もと

試合後、中島は「やってしまいました」と開口一番に言った。第2エンドの局面でも焦りはなかった。1ヵ月前にキュー(ストーンをリリースする補助具)が壊れた。カナダ遠征で手に入れた新しいキューを使用しているが、しっくりこない。大事な場面で「キューが縮んでしまった」と不運を悔しがった。

10ヵ国総当たり戦で行われる予選トーナメントも残すところ2試合。現地時間18日、日本はスウェーデン、イギリスと対戦する。

(取材・文/瀬長あすか、撮影/吉村もと)