バドミントン

立位混合(SU5+)女子ダブルスは、東京パラリンピックでも活躍が期待される豊田・杉野組が優勝!

2020東京の新競技、パラバドミントンの日本一をかけた熱き戦い

「第2回日本障がい者バドミントン選手権大会」が12月17日から2日間にわたり、千葉市の千葉大学体育館で開催された。大きく分けて「車椅子」と「立位」のカテゴリーがあり、障がいの程度によって区分された各クラスで日本一を争った […]

Read more ›
表彰された車いすの部

”放てスマッシュ その軌道に夢のせて!“ 日本障害者バドミントン選手権大会が閉幕

今年で24回目を迎える「日本障害者バドミントン選手権大会」が12月13日から2日間の日程で、名古屋市の稲永スポーツセンターで開催された。大会スローガンは、「放てスマッシュ その軌道に夢のせて!」。国内最高峰の大会で、全国 […]

Read more ›
立位クラスの男子ダブルスで攻める河端浩伸・正垣源組=ケヤン体育館/撮影:吉村もと

【Writer’s eye】2020年東京パラ新種目、奥深いバドミントンの世界に注目!

アジアパラ競技大会のケヤン体育館では、バドミントンの決勝トーナメントが行われている。パラバドミントンは、車椅子と立位のカテゴリーがあり、それぞれ障害の程度に合わせてクラス分けがされている。ルールはおおむね一般のバドミント […]

Read more ›
ダブルスではペアを組む国枝と眞田。ともに「アジアのレベル向上を実感した」と話す=ヨルムルテニス競技場

車いすテニスは国枝・上地らが準決勝進出

ヨルムルテニス競技場で行われている車いすテニスは21日、男女シングルスの準々決勝、クアードシングルスの準々決勝などが行われた。 シングルスでは、日本選手団主将で世界ランキング1位の国枝慎吾(ユニクロ)が中国の選手に6-0 […]

Read more ›