Archive for 3月, 2015

IPC公認2015アルペンスキー競技大会

アルペンスキーのジャパンパラが閉幕、ピョンチャンに向けた新体制のチームづくりにも注目

3月21日から長野県・白馬村の白馬八方尾根スキー場で開かれていた「IPC公認2015ジャパンパラアルペンスキー競技大会」が24日、閉幕した。シーズンの締めくくりとなる今大会、初日と2日目は春の陽気に恵まれたが、3日目と4 […]

Read more ›
アジア・オセアニアゾーン選手権の千葉市開催決定を受け、笑顔で写真に納まる選手とコーチ(国立リハビリテーションセンターで行われた強化合宿にて)

ウィルチェアーラグビーのアジア・オセアニアゾーン選手権、日本開催決定!

日本ウィルチェアーラグビー連盟(JWRF)は24日、2016年リオパラリンピック出場権をかけたアジア・オセアニア選手権を10月29日〜11月1日に千葉ポートアリーナで開催することを発表した。 国際ウィルチェアーラグビー連 […]

Read more ›
さいたま市ノーマライゼーションカップでコロンビアに勝利したブラインドサッカー日本代表チーム

さいたま市ノーマライゼーションカップで日本がコロンビアに勝利

22日、フットメッセ大宮でブラインドサッカーの国際親善試合「さいたま市ノーマライゼーションカップ2015」が行われ、昨秋の世界選手権で6位の日本は、南米の強豪コロンビアを1-0で下した。 先の世界選手権で守備面の手応えを […]

Read more ›
テニスを通じて、障がいを持つ子どもとその保護者のスポーツ交流・相互理解を進める「第1回車いすテニスジュニア選手権大会」が開催された=川越水上公園テニスコート

パラスポーツの人材育成・普及活動に一石を投じた「第1回車いすテニスジュニア選手権大会」

パラリンピック2連覇中の国枝慎吾らを指導する丸山弘道コーチが主催する「第1回車いすテニスジュニア選手権大会」が15日、埼玉県川越市の川越水上公園テニスコートで開催された。小学3年生から高校3年生までの男女15人が参加。1 […]

Read more ›
アジアで初となったクロスカントリーW杯には地元・旭川の小学生が各国の国旗を振って大会を盛り上げた

【Writer’s eye】障がい者スポーツを身近にする日本開催~クロカンW杯開催の旭川に見たその意義~

2月14日から6日間にわたって、富沢クロスカントリースキーコースで開催されたIPCクロスカントリースキーワールドカップ旭川大会。IPC(国際パラリンピック委員会)が主催するワールドカップは、年に3〜4カ所を転戦することに […]

Read more ›