サッカー, ブラインドサッカー, 夏季競技 — 2014/11/22 土曜日 at 0:15:34

【ブラインドサッカー世界選手権】4強出揃う

by

本日二度のPK戦を制しベスト4入りしたスペイン=国立代々木競技場フットサルコート/撮影:吉村もと

ブラインドサッカー世界選手権第6日は21日、準々決勝が行われ、準決勝進出の4ヵ国が出揃った。

大陸の内訳は南米が2(ブラジル、アルゼンチン)、ヨーロッパが1(スペイン)、アジアが1(中国)となった。

準決勝の2試合は23日、決勝は24日に行われる。

■21日の結果

第一試合
日本0-0中国
(PK 1 – 2)

第二試合
パラグアイ0-0スペイン
(PK 0- 2)
※予選で勝ち点、得点、失点ともに並んでいたグループCのスペインと韓国は、第一試合に先駆けて行われたPK戦で順位を決定。2-1でPK戦を制したスペインが、この試合を戦う権利を勝ち取った。

緊迫の攻防が展開された第四試合はアルゼンチンに軍配

第三試合
ブラジル4-0ドイツ
(得点:ブラジル/Ricardo Alves 前半4分・前半24分、Jeferson Goncalves 前半7分・前半10分)

第四試合
アルゼンチン1-0コロンビア
(得点:アルゼンチン/LUCAS RODRIGUEZ 後半22分)