カテゴリー: バイアスロン

2016-17シーズンで好成績をおさめたアルペン、ノルディック、スノーボードの選手・関係者たちがピョンチャンに向け飛躍を誓った

ピョンチャンに向け「チーム一丸」、障害者スキー連盟が会見

8日、日本障害者スキー連盟の2016-17シーズンの活動報告記者会見が日本財団ビルで行われた。 アルペンスキーのワールドカップ男子座位で2年連続3度目の総合優勝を果たした森井大輝、2月のノルディックスキー世界選手権で12 […]

Read more ›
【ワールドカップ札幌大会】新田佳浩が2位! 日本勢唯一の表彰台

【ワールドカップ札幌大会】新田佳浩が2位! 日本勢唯一の表彰台

競技2日目を迎えた19日、「石屋製菓2017IPCノルディックスキーワールドカップ札幌大会」はクラシカル・ショートを行い、男子立位5キロで新田佳浩(日立ソリューションズ)が2位に入った。 5キロと短い距離のレース。「前半 […]

Read more ›
【ワールドカップ札幌大会】20歳・新田のんのがミドル・フリーで4位入賞!

【ワールドカップ札幌大会】20歳・新田のんのがミドル・フリーで4位入賞!

「石屋製菓2017IPCノルディックスキーワールドカップ札幌大会」が3月18日、札幌市の西岡バイアスロン競技場で開幕した。大会は22日まで行われ、クロスカントリースキーとバイアスロンの2種目を実施する。 2016-17シ […]

Read more ›
久保恒造、最後のバイアスロン強国ロシアに挑んだパラリンピック‏

久保恒造、最後のバイアスロン強国ロシアに挑んだパラリンピック‏

4年間、表彰台に上ることだけを考えて過ごしてきた。集大成と決めたパラリンピックの舞台。バイアスロンを締めくくる15キロに出場した久保恒造(日立ソリューションズ)は、最後の力を振り絞りフィニッシュラインを駆け抜けた。 競技 […]

Read more ›
新種目スノーボードクロス男子はストロング、女子はメンテルが初代王者に!

新種目スノーボードクロス男子はストロング、女子はメンテルが初代王者に!

ソチパラリンピック第8日は14日、新種目のスノーボードクロスが行われ、男子はEvan Strong(アメリカ)、女子はSpee-Bibian Mentel(オランダ)が制した。手や腕に障害があるクラスと、下肢に障害がある […]

Read more ›
“リラックス”が縮めた世界との距離 パラリンピック10位の佐藤圭一が見せた成長

“リラックス”が縮めた世界との距離 パラリンピック10位の佐藤圭一が見せた成長

「ケイイチ、リラックスだよ」 ソチパラリンピックのバイアスロンに出場した立位の佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス)は、2010年のバンクーバー五輪・パラリンピックに同時エントリーし、今大会のクロスカントリ […]

Read more ›
【バンクーバーパラリンピック】バイアスロン、海外勢と実力の差を実感

【バンクーバーパラリンピック】バイアスロン、海外勢と実力の差を実感

バイアスロンのレースを終えた太田と出来島/撮影:吉村もと 17日にウィスラー・パラリンピックパークで行われたバイアスロンで、女子12.5キロ立位の出来島桃子(LW6)が8位に、男子12.5キロ座位の久保恒造(LW11)が […]

Read more ›
【バンクーバーパラリンピック】バイアスロン、男子座位の久保が9位

【バンクーバーパラリンピック】バイアスロン、男子座位の久保が9位

パラリンピック初出場の久保 現地時間13日、ウィスラー・パラリンピックパークではバイアスロンが行われ、前回大会のメダリスト太田渉子らが出場した。 気温は氷点下。雪が散らつくなか行われた男子座位2.4キロパシュートは、4回 […]

Read more ›

クロスカントリースキー・バイアスロンの見どころ

◎Player(カテゴリー・クラス) 【男子】 長田弘幸 (Sitting・LW10) 新田佳浩(Standing・LW6/8) 久保恒造 (Sitting・LW11) 瀧上賢治 (Standing・LW2) 佐藤圭一 […]

Read more ›