クァードクラスは諸石が川野との日本人対決制して金メダル!

by

日本人同士の対決となった男子クァード決勝はフルセットで諸石が勝利。試合後、健闘を讃え合った=ヨルムルテニス競技場/撮影:吉村もと

ヨルムルテニス競技場で行われている車いすテニスは23日、シングルスの決勝と三位決定戦が行われた。

逆転勝ちで金メダルを獲得した諸石

クァード決勝は諸石光照(岐阜県車いすテニスクラブ)と川野将太(シーズアスリート)の日本人対決。試合は諸石が4-6、6-2、6-2で勝利し、金メダルを獲得した。

会場では、前日に初代王者に輝いたウィルチェアーラグビー日本代表メンバーが試合を観戦。その姿に気づいていたといい、「ラグビーの選手も優勝していたので、自分も負けないように頑張ろうという気持ちになった」と諸石。これからリオに向けては、「この金メダルを励みに次の試合も頑張りたい」と語った。

女子の世界ランキング1位、上地結衣(エイベックスグループホールディングス)は前日の準決勝でカンタシット・サコーン(タイ)にストレートで敗れて3位決定戦にまわった。今日の三位決定戦では日本の堂森佳南子(エイベックスグループホールディングス)と対戦。6-0、6-2で勝利した。

三位決定戦を制し、上地は銅メダル

準決勝で対戦したサコーンは、上地がテニスを始めたころからトップレベルで活躍していた実力者。だが、上地が転戦する世界ツアーにほとんど参戦しないため、今回の対戦は実に5年ぶりだった。データも少なく、「自分のプレーのことばかり考えて相手の分析がおろそかになってしまった」と敗因を語る。気持ちの切り替えに時間がかかったという上地。だが「今日は自分のテニスができた」と話し、悔しさのなかに少しホッとした表情を見せた。

男子シングルスは、第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が第2シードの眞田卓(埼玉トヨペット)を6-3、6-1で破り優勝。2016年リオパラリンピックの出場権を獲得した。

(取材・文/荒木美晴、撮影/吉村もと)