水泳 — 2012/7/16 月曜日 at 23:30:33

ロンドンへ弾み! 秋山里奈がジャパンパラで世界新記録を樹立!

by

japanpara_swimmig.jpg
ロンドンを目前に控え、熱戦が繰り広げられたジャパンパラ水泳競技大会/撮影:荒木美晴

7月15、16日の2日間、大阪・門真市のなみはやドームで「2012ジャパンパラ水泳競技大会」が行われた。今年で22回目を迎えた今大会は、ロンドンパラリンピック前の最後の公式大会であり、日本代表選手16人全員が出場。パラリンピックを想定したレースプランで戦いに挑んだ。女子100m背泳ぎでは、秋山里奈(視覚障害、S11)が世界新記録をマーク。2日間を通して、この世界新記録を含む56の大会新記録が誕生した。

世界新記録を金メダルへのステップに

akiyama2.jpg
100m背泳ぎで世界新記録をマークし、インタビューに答える秋山里奈

会場の電光掲示板に秋山のタイム、1分18秒59が表示された瞬間、会場のボルテージは一気に上がり、大きな歓声と拍手に包まれた。秋山がメインとしている100m背泳ぎ決勝で出した世界新記録。

午前の予選でも世界記録にあと0.1秒に迫る好タイムを出し、2年間かけて目指してきた20秒切りを実現したものの、「(コースが曲がりタイムロスした後半に)疲れが出た。壁に早くつかないかなと弱気になっていた」とレース展開には納得していなかった。

それだけに、決勝で結果を出せたことに「良かったです」と話し、「今までコーチが見に来てくれた大会で記録を出せたことはなかった。今日は生で見てもらえて嬉しい」と笑顔をのぞかせた。

だが、ロンドンでの頂点を狙う彼女にとって、このタイムもひとつの通過点に過ぎない。「ここで世界新を出しても、(パラリンピックの)本番で結果が出せなければ意味がない。もっと上を目指して、残りの期間は精一杯、練習を頑張りたい」と、最後は表情を引き締めた。

ロンドンにむけてそれぞれの調整

ロンドンパラリンピックで旗手をつとめる木村敬一(視覚障害、SM11)は、男子200m個人メドレーで2分31秒32をマーク。大先輩の河合純一の大会記録を12年ぶりに塗り替えるなど、順調な仕上がりを見せた。

アテネ大会の4×50mメドレーリレー(20pts)で銀メダル、北京大会の50m平泳ぎ(SB3)で金メダル、150m個人メドレー(SM4)で銅メダルを獲得している鈴木孝幸(運動機能障害)は、報道陣からロンドンへの意気込みを聞かれ、「だいぶ(調子が)上がってきた。気持ちがロンドンに向いてきた」と答えた。4年前と比べて成長した部分については「たぶんメンタルだと思います。厳しい状況の中でも前向きに取り組めるようになった」と話しており、3大会連続表彰台の期待が高まる。

また、ロンドンでは3大会ぶりに知的障害クラスが復活。日本代表の田中康大(SB14)は100m平泳ぎで、長尾智之と津川拓也(ともにS14)は100m背泳ぎでそれぞれ大会記録を更新した。

ロンドンパラリンピック(8月29日~9月9日)の水泳競技は、開会式翌日の8月30日から始まる。

suzuki_2.jpg
ロンドンでは競泳陣のキャプテンとしてチームを引っ張る鈴木孝幸

swimjapan.jpg
大会終了後、整列する日本代表選手たち。男子11人、女子5人の計16人の選手が日の丸をつけ、頂点を狙う

(取材・文/加々美美彩、撮影/荒木美晴)