アイススレッジホッケー — 2012/1/21 土曜日 at 23:43:34

【JISHC2012】日本はノルウェーに1-4で敗れ、三位決定戦へ

by

top.jpg
ノルウェーのベテラン、Helge Bjornstad(FW)は2点目をマークして勝利に貢献した(撮影/吉村もと)

長野市のビッグハットで開催されている「IPC公認 2012ジャパンアイススレッジホッケーチャンピオンシップ」は21日、準決勝2試合が行われた。決勝進出をめざす日本はノルウェーに1-4で敗れた。また、もう一試合のカナダ対韓国の試合は、6-0でカナダが勝利した。この結果、22日の三位決定戦は日本対韓国、決勝戦はカナダ対ノルウェーのカードとなった。

システム崩壊、中北監督は「最低の試合」

00d.jpg
日本のエース・上原も体格に勝るノルウェーのチェックにつぶされ、1ゴールに抑えられた

今大会の予選初戦ではノルウェーに勝利した日本。だが、今日は相手のスピードと体格を活かした激しいチェックにことごとく動きを阻まれ、序盤から攻守のシステムが崩れた。

ノルウェーは、スーパーエースで攻守の要であるRolf Pedersenをセンターに起用し、攻撃力アップを図った。守備面でも全員が日本のプレーヤーに激しくプレッシャーをかけ、戻りもスムーズ。試合序盤から試合の主導権を握った。

対する日本は、第2ピリオドの7分20秒に上原大祐(FW)がゴールを決め1点を返すが、そのわずか64秒後に再び失点、さらに終盤に日本のマークを振り切ったPedersenにロングシュートを決められた。

最終ピリオド、日本はノルウェーのペナルティーで2度のパワープレーのチャンスを得るが、どちらも攻めきれず。最後まで日本の流れを作れず、選手は肩を落とした。

試合後、中北浩仁監督は「最低の試合。自分たちのシステムが全く機能しなかった」と完敗を認めた。

三位決定戦は韓国と対戦

02.jpg
日本が誇るディフェンダー・須藤悟は積極的に攻撃の起点となるパスを繰り出すが、惜しくも勝利には届かなかった

22日の三位決定戦では、韓国と対戦する。韓国は本日のカナダ戦で最終ピリオドに崩れ敗れはしたものの、中盤までは堅い守りでゲームメークする場面もあった。

韓国は2018年ピョンチャンパラリンピック開催が決まり、チームの強化に取り組んでいる。その成果か、6位に終わったバンクーバーパラリンピック時より組織力に磨きがかかった印象だ。いまのところ、格上を相手に全敗ではあるが惜敗もあり、確実に力をつけてきていることは各国とも認めている。

その韓国に対して、日本は予選で薄氷の勝利。さらに、「今日の試合では世界と戦えない」と中北監督が話すように、多くの課題を露呈した。それでも、ホームということで観客の大きな声援が後押しとなるはずだ。いま一度気を引き締めて、最後にもう一度強い日本を見せてほしい。

04.jpg
最後まで攻撃の手を緩めないカナダチームは全勝で決勝へ

●21日試合結果●

<準決勝・第1試合>
日本 0-1-0=1
ノルウェー 2-2-0=4
  (日本得点:①上原 A高橋)

<準決勝・第2試合>
カナダ 1-1-4=6
韓国 0-0-0=0

※MA SPORTSは、2012JAPAN ICE SLEDGE HOCKEY CHAMPIONSHIPSのオフィシャルメディアです。

(取材・文/荒木美晴、撮影/吉村もと)