カテゴリー: 大会・イベント

男子59㎏級は、19歳のクイ・ヨンカイ(中国)が188㎏を成功させ、ジュニアの世界新記録樹立&一般でも優勝の快挙を達成!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

【DAY2】ジュニア勢が存在感、19歳クイ・ヨンカイが男子59㎏級を制す

「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」は9日、競技2日目を迎え、男子59㎏級と65㎏級、女子50㎏級と55㎏級が行われた。 男子59㎏級 会場を盛り上げたのは、19歳のクイ・ […]

Read more ›
昨年の世界選手権優勝のグオが、自ら持つ世界記録を見事更新!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

【DAY1】女子45㎏級で世界新! 中国のグオが自らの記録を更新

競技初日の8日は、男子49㎏級と54㎏級、女子41㎏級と45㎏級が行われた。 男子49㎏級 男子で最も軽量のクラスで10選手が出場。リオパラリンピック銀メダルのクァラダ・オマール・マハデフ(ヨルダン)が175㎏を挙げて優 […]

Read more ›
22の国と地域から約200名の力自慢が参加!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

2020年東京パラへの第一歩、アジアオセアニア選手権開幕!

日本で初開催となるパラパワーリフティングの国際大会「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」が9月8日、福岡県の北九州芸術劇場で開幕した。 2020年東京パラリンピックに出場する […]

Read more ›
エントリーした5種目すべてでメダルを獲得したアルペンスキーの村岡桃佳(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer's eye】若手とベテランの活躍に沸いた平昌パラ、東京と北京ではさらなる飛躍に期待

平昌パラリンピックが閉幕した。アルペンスキー、バイアスロン、クロスカントリースキー、スノーボード、パラアイスホッケー、車いすカーリングの6競技80種目が実施され、冬季大会では過去最多となる49の国と地域から、約570人が […]

Read more ›
7、8位決定戦でもスウェーデンを相手に厳しい戦いを強いられた日本=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer's eye】平昌で全敗のパラアイスホッケー日本。 再起へ待ち受けるイバラ道

平昌パラリンピック最終日の3月18日、江陵ホッケーセンターではパラアイスホッケー決勝が行なわれた。開場が満員になったそのカードは、ともに優勝候補のカナダ対アメリカ。試合は最終ピリオドの終了直前に同点に追いついたアメリカが […]

Read more ›
東京都内で行われた平昌パラリンピック日本選手団の解団式

【平昌2018】日本選手団が解団式、メダル報奨金は増額

3月9日から10日間にわたって行われた平昌パラリンピックで、前回ソチ大会を超える10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得した日本選手団の解団式が19日、東京都内で行われた。 解団式には、エントリーした5種目すべてでメダル […]

Read more ›
美しい花火が打ちあがった閉会式。日本はソチ大会を上回る10個のメダルを獲得=平昌オリンピックスタジアム(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】村岡が全種目メダル獲得の快挙! 10日間の熱戦に幕、4年後の北京へ

平昌パラリンピックは18日、大会最終日を迎えた。アルペンスキー女子は回転が行われ、村岡桃佳(早稲田大)が銀メダルを獲得した。村岡はエントリーした5種目すべてでメダルを手にした(金1、銀2、銅2)。 日本勢では他に、アルペ […]

Read more ›
激しくパックを奪い合う両チーム=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】パラアイスホッケーはアメリカが3連覇! 延長戦でカナダを下す

パラアイスホッケー決勝が18日、江陵ホッケーセンターで行われ、アメリカがカナダに延長戦の末に2-1で勝利。金メダルを獲得した。 毎回、優勝候補に挙げられながら実はトリノ大会以来、3大会ぶりの決勝進出となった、現世界ランク […]

Read more ›
最終種目の回転で雪質のよくない中でも滑りきった森井大輝=旌善アルペンセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer's eye】チェアスキー森井大輝、滑降から回転まで「オールラウンダー」の誇り

チェアスキーヤー・森井大輝(トヨタ自動車)の5大会目のパラリンピックが幕を下ろした。5種目にエントリーしたうち、初日の滑降で銀メダルを獲得。最高のスタートを切ったが、続くスーパー大回転は8位、スーパー複合と大回転は途中棄 […]

Read more ›
メダルセレモニー後、荒井秀樹監督と笑顔で写真におさまる新田=撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴

【平昌2018】距離スキーの新田が優勝! 日本勢3個目の金メダル

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(日立ソリューションズ)が優勝。日本勢3個目となる金メダルを獲得した。新田は14日の距離スプリント・クラシカル立位で2位に入っている。新田が金メダルを手にしたの […]

Read more ›