Archive for 8月, 2012

柔道男子66キロ級の広瀬誠は、3位決定戦で惜しくも敗れた。撮影/吉村もと

【30日/第2日目】競技がスタート、初日は日本勢はメダルならず

ロンドンパラリンピック第2日目の30日、競泳や柔道などの競技が始まった。各会場とも観客席はほぼ満席。新記録誕生の瞬間や地元の有力選手らが登場すると割れんばかりの歓声が響き、早くもオリンピックに勝るとも劣らない盛り上がりを […]

Read more ›
水泳の木村敬一旗手とガイドの山田拓朗選手が日本選手団の先頭を歩いた/撮影:吉村もと

史上最多の164カ国・地域が参加、第14回夏季パラリンピックが開幕

8月29日(日本時間30日)、五輪と同じ会場のオリンピックスタジアムで、第14回夏季パラリンピックが幕を開けた。パラリンピックのルーツは、1948年にロンドン郊外の病院で行われた車椅子の入院患者によるアーチェリーの大会と […]

Read more ›
オリンピックパーク内の選手村にて=8月26日 撮影/吉村もと

開幕に向けて調子をあげる選手たちに選手村で聞きました!

いよいよ29日にパラリンピックが開幕する。オリンピックと同様、4年に1度の大舞台に向けて標準を合わせる選手たち。彼らが滞在する選手村で話を聞いた。 パワーリフティング75kg級に出場する宇城元選手(株式会社サガミチェーン […]

Read more ›
2010年の世界選手権では銅メダルを獲得し、ロンドンでは金メダルを狙うウィルチェアーラグビーの日本代表(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】ウィルチェアーラグビー日本代表、チーム一丸となって金メダルを

ウィルチェアーラグビーの日本代表は過去に2度パラリンピックに出場している。2004年のアテネでは8カ国中8位。北京でも7位と惨敗だった。だが、北京の後、新体制となり、09年に再始動したチームは、10年の世界選手権で過去最 […]

Read more ›
3度目のパラリンピック、「今度こそメダルを」の思いでロンドンへ臨む田口(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】射撃・田口亜希、「完璧」な満射でリベンジを誓う

エアライフルを始めてわずか3年でアテネパラリンピック日本代表になってから8年。アテネ、北京と入賞はするも、メダルを逃してきた射撃の田口亜希(郵船クルーズ)が、「今度こそ」の思いを胸に、ロンドンに挑む。 出場種目はエアライ […]

Read more ›
初めての大舞台にも「プレッシャーを感じない」とおおらかに語る正木(左)(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】視覚障害者柔道界の大型新人・正木健人「全試合一本勝ちで金メダルを」

「表彰台の真ん中で君が代を聞いたときは、やっぱりジーンときました。それはもう、なんとも言葉にはできない快感でした」 2011年4月、トルコで開催されたIBSA(国際視覚障害者スポーツ協会)世界大会。柔道競技の日本代表とし […]

Read more ›
「すべての面でレベルアップした」と言う自信をもとに、ロンドンでのメダルを狙う(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】パラサイクリング・藤田征樹「もう一度、パラリンピックの表彰台へ」

4年前の北京パラリンピック。藤田征樹(チームチェブロ/日立建機)は1キロタイムトライアル(LC3/両足義足など機能障害のクラス)で2位になった。日本選手団のメダル第1号となる銀メダルの誕生に湧き、報道陣が藤田を囲んだ。 […]

Read more ›
右肘の手術を乗り越え、ロンドンでも金メダル獲得を狙う国枝。2011US OPENにて(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】車いすテニス・国枝慎吾インタビュー~ロンドンが真の王者を待っている~

初戦から決勝まで、相手に1セットも与えない圧倒的な強さで頂点を極めた2008年の北京パラリンピック。その後、さらなる高みを求めて、国枝慎吾(ユニクロ)は日本人初のプロの車いすテニスプレーヤーになった。昨年9月の全米オープ […]

Read more ›
ここ1、2年はスランプと語るが、フォーム修正でロンドンでのメダルを狙う。大阪なみはやドームにて(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】競泳・鈴木孝幸、スランプ乗り越え真のチャンピオンへ

鈴木孝幸(ゴールドウイン)は、生まれつき右腕が肘までしかなく、両脚は一部しかない。6歳で水泳を始めた当初は、手の短いほうに進路が曲がってしまうなど、まっすぐに泳ぐことも容易ではなかったという。それでも、元々の運動神経の良 […]

Read more ›
ロンドンへの思いを語る山本。大阪体育大学にて(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】進化を続ける義足のスプリンター山本篤「まだまだ記録は伸びる」

北京の結果には「決して満足はしていません」 北京パラリンピックの走り幅跳びで銀メダルを獲得した山本篤(スズキ浜松AC)。日本人の“義足アスリート”として初のメダリストとなった。現在は、自動車メーカーのスズキに勤務しながら […]

Read more ›