インチョン2014アジアパラ競技大会, 夏季競技, 陸上 — 2014/10/21 火曜日 at 21:40:35

陸上の山本篤が2個目の金メダル

by

男子100m日本記録保持者の山本篤は大会記録で優勝を飾った=仁川アジア大会メインスタジアム/撮影:吉村もと

陸上競技の走幅跳び、100m、200mで、アジア3冠を狙う山本篤(スズキ)は21日、100m(T42クラス)に出場した。12秒81の大会新をマークして、走幅跳に続く2個目の金メダルを獲得、ガッツポーズをして喜んだ。

山本は今季トラック種目が好調で、9月のジャパンパラ競技大会(山口)で100m の自己記録である12秒61をマーク。この日は、雨中の難しいレースとなったが、大会新の12秒81でゴールし、アジア3冠に王手をかけた。

日の丸を掲げて笑顔を見せる山本

レース後、山本は「スタートがうまくいかず、スリランカの選手に前を行かれたが、焦らず自分の走りができた。『絶対に抜くことができる』という気持ちで諦めずにがんばりました。(世界のメダルを目指しているので)アジアでは、絶対に負けてはいけない。明日も、自分の走りに集中し、3冠をとりにいく」と力強くコメントした。

22日に200mを控える。2015年世界選手権、そして2016年リオパラリンピックにつながる結果で今シーズンを終えて欲しい。

(取材・文/瀬長あすか、撮影/吉村もと)