〜バンクーバーへの序章〜 アイススレッジホッケー世界選手権、まもなく開幕!

by

アイススレッジホッケーの世界選手権が現地時間の9日、チェコのオストラバで開幕する。出場国は8カ国で、上位6チームには自動的に来年のバンクーバーパラリンピックの出場権が与えられる。試合は、まずは4チームずつに分かれて総当たり戦を行い、各グループ上位2チームがセミファイナルへと進む。日本は、カナダ・ドイツ・チェコと同じAグループ。9日にドイツ、10日にチェコ、12日にカナダと対戦する(いずれも現地時間)。

Oficial tournament logo
2009 IPC Ice Sledge Hockey World Championships Oficial tournament logo

大きな地図で見る

今シーズン、積極的に海外との交流戦に参戦してきた日本代表。とくに、世界トップ3のカナダ・ノルウェー・アメリカとは、カナダ遠征やジャパンパラリンピックなどで何度も対戦し、実戦を積んできた。また、4月はほぼ毎週末に合宿を行い、組織プレーや戦術を強化した。一方で、ケガや仕事の事情などでメンバーの離脱が相次ぎ、今までにない苦しい時期を経験した。ようやくメンバーが揃ったのは、本番直前の4月の合宿のこと。中北浩仁監督は「何とか間に合って、ホッとしている」と、正直な胸のうちを明かす。

また、日本代表は今回の世界選手権に先駆けて、先月30日にオスロに向け出発し、ノルウェーとの合同合宿を実施。現地で2度の練習試合を行い、実戦感覚を磨いた。ノルウェーチームとともに現地時間の5日にオストラバに入り、現在は開幕にあわせて最終の調整をはかっている。主将の上原大祐を中心に一丸となったプレーで、バンクーバー行きの切符を獲得することはもちろん、メダル獲得を目指す。

※MA SPORTSでは、ライター荒木とカメラマン吉村が5月9日から現地で取材を行います。日本チームを中心とした速報やニュースは、ホームページで更新する予定です。お楽しみに!

【大会概要】

大会名/2009 IPC Ice Sledge Hockey World Championships

期間/2009年5月9日(土)〜16日(土) ※現地時間

場所/チェコ共和国オストラバ SAREZA Hall

<参加国>

プールA/カナダ・日本・ドイツ・チェコ

プールB/ノルウェー・アメリカ・イタリア・韓国

※上位6チームが、バンクーバーパラリンピックの出場権を獲得。下位の2チームが、3月にオランダで行われた世界選手権Bグループの上位2チーム(1位エストニア、2位スウェーデン)との入れ替え戦にまわる。

【日本代表の試合日程(現地時間)】

・5/09 16:00〜ドイツ戦、開会式

・5/10 19:00〜チェコ戦

・5/11 公式練習

・5/12 19:00〜カナダ戦

・5/13 プレーオフ

・5/14 16:00〜、19:00〜準決勝

・5/15 16:00〜7-8位決定戦、19:00〜5-6位決定戦

・5/16 16:00〜3位決定戦、19:00〜決勝線、21:15〜閉会式

・5/17 オストラバ出発

大会ホームページ(英語)

(記事:荒木美晴)

→【特集】アイススレッジホッケー世界選手権2009