カテゴリー: サッカー

強豪アルゼンチンから先制ゴールを挙げガッツポーズを作る川村怜=町田市立総合体育館(撮影/植原義晴)

日本は世界2位のアルゼンチンに歴史的ゴール奪うも逆転負け

ブラインドサッカーの競技普及と2020年東京パラリンンピックでのメダル獲得に向けた強化を目的とする国際親善大会「ブラインドサッカーチャレンジカップ2018」が11月4日、町田市立総合体育館で行われた。世界ランク9位の日本 […]

Read more ›
CPサッカー日本代表として活躍が期待される大野=カナフィールド(撮影/荒木美晴)

【Writer’s eye】「泥臭く、人を楽しませるプレーを」 CPサッカー日本代表・大野僚久が歩む、サッカー人生

CPサッカー(脳性まひ者7人制サッカー)日本代表、大野僚久(ともひさ)。幼いころから、彼のそばにはいつもサッカーボールがあった。 小学2年でサッカーを始め、平日・休日問わずに練習に明け暮れる毎日。「ボールを長く持ちたい」 […]

Read more ›
9カ国が参加したアジア大会で過去最高の2位の成績を収めた男子日本代表(写真提供/一般社団法人日本ろう者サッカー協会)

アジア大会で男子が準優勝、女子は初代王者に!ともに2020W杯出場権獲得

聴覚に障がいを持つ人のサッカー・デフサッカーのアジアナンバーワンを決める大会「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会」が4月23日から5月6日までの日程で韓国・昌原で行われ、男子日本代表が準優勝の成績を収めた。また、 […]

Read more ›
デフサッカー日本代表合宿で植松隼人監督(左)と動きを確認する原口凌輔(中央)

【Writer’s eye】デフサッカー選手・原口凌輔の挑戦「発信力のある人間に」

ピッチの上を、いきいきと駆ける。その姿は、無我夢中でボールを追った少年時代も、デフサッカー日本代表のユニフォームに袖を通す今も、変わらない。 原口凌輔には、生まれつき聴覚障がいがある。サッカーとの出会いは小学2年のとき。 […]

Read more ›
身体を入れてボールを死守する守備の要・田中章人=品川区立天王洲公園(撮影/植原義晴)

初開催・ワールドグランプリで日本は5位

国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)公認の国際大会として新設された「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018」が21日〜25日まで東京都品川区の天王洲公園で行われた。 世界ランク9位の日本のほか、アルゼンチ […]

Read more ›
5位決定戦で日本代表はマレーシアと対戦し、2-0で勝利D=トゥンラザクホッケースタジアム(提供:日本ブラインドサッカー協会)

【アジア選手権】日本は5位、世界選手権出場切符を逃す

2年に一度開かれる「IBSAブラインドサッカーアジア選手権2017」(マレーシア・クアラルンプール)が閉幕した。現地時間17日に5位決定戦に臨んだ日本代表は、前半に川村怜と黒田智成がゴール。このリードを守り、2-1でマレ […]

Read more ›
世界ランキング3位の中国と対戦した日本=トゥンラザクホッケースタジアム(提供:日本ブラインドサッカー協会)

【アジア選手権】日本は0-3で中国に敗れ、黒星発進

「IBSAブラインドサッカーアジア選手権2017」がマレーシア・クアラルンプールで開かれている。現地時間13日に初戦の中国戦に挑んだ日本代表は、前半17分に相手のフリーキックから失点すると、後半には連続得点を許し、0-3 […]

Read more ›
接戦を制し、5年ぶりの頂点に輝いたたまハッサーズ=アミノバイタルフィールド(撮影/佐山篤)

【アクサブレイブカップ】たまハッサーズが5年ぶり4度目V!

ブラインドサッカーのクラブチーム日本一を決める「第16回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」のFINALラウンドが23日、調布市のアミノバイタルフィールドで開催された。 過去最多の19チームがエントリー。7 […]

Read more ›
世界王者・ブラジルに1-4、完敗も手ごたえ掴んだ日本の挑戦

世界王者・ブラジルに1-4、完敗も手ごたえ掴んだ日本の挑戦

ブラインドサッカーの国際親善試合「さいたま市ノーマライゼーションカップ」が20日、フットメッセ大宮で行われた。世界ランク7位の日本代表は、同1位の強豪ブラジルと対戦し、1‐4で敗れた。 リオパラリンピックで4連覇を達成し […]

Read more ›
日本アンプティサッカー選手権、FCアウボラーダが王座奪還!

日本アンプティサッカー選手権、FCアウボラーダが王座奪還!

第6回日本アンプティサッカー選手権大会が、10月1日から2日間、富士通スタジアム川崎で行われた。全国の6チームがリーグ戦とトーナメントを行い、日本一を争う。 決勝は、FCアウボラーダ(東京)が延長の末、宿敵FC九州バイラ […]

Read more ›