陸上

最後のヒト伸びで3位に入った多川知希=仁川アジア大会メインスタジアム/撮影:吉村もと

佐藤が200mを制す! 多川が100mで銅メダル

アジアパラ競技大会の5日目。陸上の男子200メートル(T44)の決勝が22日に行われ、佐藤圭太(中京大職員)が24秒15(T44クラス)の大会新記録で優勝、金メダルを獲得した。シーズンベストの走りで前回の広州大会からの2 […]

Read more ›
ベテランらしいレース展開で銀メダルを獲得した永尾嘉章=仁川アジア大会メインスタジアム/撮影:吉村もと

短距離のスペシャリスト、永尾嘉章が100mで銀メダル獲得!

陸上の男子100メートル(T54)の決勝が21日行われ、日本の永尾嘉章が15秒12で銀メダルを獲得した。 51歳の永尾は、これまでに6度のパラリンピックに出場。日本の陸上車いすレース界のパイオニアであり、短・中距離を得意 […]

Read more ›
男子100m日本記録保持者の山本篤は大会記録で優勝を飾った=仁川アジア大会メインスタジアム/撮影:吉村もと

陸上の山本篤が2個目の金メダル

陸上競技の走幅跳び、100m、200mで、アジア3冠を狙う山本篤(スズキ)は21日、100m(T42クラス)に出場した。12秒81の大会新をマークして、走幅跳に続く2個目の金メダルを獲得、ガッツポーズをして喜んだ。 山本 […]

Read more ›
T42クラスの100mでアジア新記録を樹立した山本=維新百年記念公園陸上競技場/撮影:吉村もと

【ジャパンパラ陸上】山本が100m、中西が走り幅跳びでアジア新記録樹立!

9月6日と7日の2日間に渡って、山口市の維新百年記念公園陸上競技場で2014ジャパンパラ陸上競技大会が開催された。10月のアジアパラ競技大会(韓国・仁川)を控える選手も数多く出場。初日は豪雨に見舞われたものの、2日目は天 […]

Read more ›
第33回大会は、マルセル・フグ(右から3番目)、マニュエラ・シャー(左から3番目)がそれぞれ制した。

大分国際車いすマラソン、スイスのマルセル・フグが4連覇達成

33回目を迎えた「大分国際車いすマラソン大会」が27日、大分市で開催された。今年は16カ国から248人の選手(フルマラソン91人、ハーフ157人)が出場し、白熱のレースを繰り広げた。 山本浩がトラック争いを制して国内1位 […]

Read more ›
団旗の授与が行われたアジアユースパラ競技大会の結団式。第一陣として現地入りする選手と関係者が出席した

「2020年東京パラリンピックにつながる結果を」アジアユースパラ結団式

10月26日から30日までマレーシアで開催されるアジアユースパラ競技大会。競技によって異なるが14歳から21歳までの次世代を担う選手が集結し、メダルを争う。大会には31カ国から約900人が出場する予定。日本選手団は選手9 […]

Read more ›
男子1500m(T53/54)で優勝した樋口政幸の走り=維新百年記念公園陸上競技場/撮影:吉村もと

樋口が4冠達成! 2013ジャパンパラ陸上競技大会が閉幕

9月7日・8日に山口市の維新百年記念公園陸上競技場にてジャパンパラ陸上競技大会が開催された。トップ選手の多くは7月にIPC陸上世界選手権(リオン)を終えたばかり。他の大会への出場や2020年東京オリンピック・パラリンピッ […]

Read more ›
花火が打ち上げられ、大歓声と共にロンドンパラリンピックが閉幕(撮影/吉村もと)

12日間の熱戦に幕、4年後はリオで

12日間の激闘を締めくくるロンドンパラリンピックの閉会式が9日夜、オリンピックスタジアムで行われた。日本からは車いすテニスやウィルチェアーラグビー、陸上など15競技の選手や役員らが参加した。 団体競技として史上初の金メダ […]

Read more ›
肘の怪我を乗り越え、パラリンピック2連覇を達成した国枝慎吾。表彰式の中央で笑顔を見せた:撮影/吉村もと

【9月8日/第11日目】国枝がシングルス連覇達成! 陸上・伊藤は今大会3個目の銀

車いすテニス男子シングルス決勝では、国枝慎吾(ユニクロ)が第1シードのステファン・ウデ(フランス)と対戦。6-4、6-2で勝利し、北京大会に続くパラリンピック2連覇を達成した。 昨年9月の全米オープンを制したものの、古傷 […]

Read more ›
水泳男子50メートルバタフライで銅メダルを獲得した小山恭輔選手(左)(撮影/吉村もと)

【9月7日/第10日目】ゴールボール女子、鉄壁のディフェンスで金、水泳・小山が銅メダル、陸上で2個のメダル

ゴールボール女子日本代表は決勝で世界ランキング1位の中国と対戦。前半に安達阿記子(リーフラス)が決めた1点を守りきり、1-0で勝利した。「大歓声で試合の流れが日本に来ているとわかった」という安達は、試合後「北京では悔しい […]

Read more ›