水泳

2日間にわたり熱戦が繰り広げられたジャパンパラ水泳競技大会=なみはやドーム(撮影/荒木美晴)

ジャパンパラ水泳競技大会で31の大会新記録

今年で23回目を迎える国内最高峰の大会「2013ジャパンパラ水泳競技大会」が7月14、15日の2日間、大阪・門真市のなみはやドームで行われた。10代の若手選手から、8月にカナダ・モントリオールで開催される世界選手権および […]

Read more ›
水泳男子50メートルバタフライで銅メダルを獲得した小山恭輔選手(左)(撮影/吉村もと)

【9月7日/第10日目】ゴールボール女子、鉄壁のディフェンスで金、水泳・小山が銅メダル、陸上で2個のメダル

ゴールボール女子日本代表は決勝で世界ランキング1位の中国と対戦。前半に安達阿記子(リーフラス)が決めた1点を守りきり、1-0で勝利した。「大歓声で試合の流れが日本に来ているとわかった」という安達は、試合後「北京では悔しい […]

Read more ›
パラサイクリングの藤田は、最後まで全力で走りきった=Brands Hatch(撮影/吉村もと)

【9月6日/第9日目】水泳の田中が金、木村(敬)が銅メダル獲得! ゴールボール女子日本代表決勝進出を決める

第9日目の6日は、水泳や陸上、車いすテニスなどの競技が行われた。 水泳では、今大会から知的障害クラスが復活。そのクラスで、田中康大(あひるの会障害者福祉サービス事業所あかね園)が100メートル平泳ぎで1分7秒08の世界新 […]

Read more ›
初戦を勝利でかざり、メダル獲得へ好スタートをきったウィルチェアーラグビー(撮影/吉村もと)

【9月5日/第8日目】自転車ロードの藤田が銅メダル、水泳・山田は50m自由形で惜しくも4位

大会8日目を迎えた5日。8年ぶりのメダルを狙うゴールボール女子日本代表は、準々決勝でブラジルと対戦。2対0で勝利し、ベスト4進出を決めた。小宮正江(シーズアスリート)の得点で先行した日本は、1-0とリードして迎えた後半、 […]

Read more ›
表彰台の真ん中には上れなかったが、高め合ってきたライバルたちと互いの健闘を称えあった

水泳・鈴木孝幸、連覇逃すも「後悔するところのないレース」

鈴木孝幸(ゴールドウィン)がいた場所は、表彰台の真ん中ではなかった。しかし彼は、大観衆の声援に応え、何度もガッツポーズを作ってみせた。そこには、4年間の重圧から解放され、また4年間やりきったという充実感が漂っていた。 得 […]

Read more ›
100m平泳ぎで銀メダルを獲得した木村敬一

【9月3日/第6日目】水泳・木村敬一が銀、鈴木は銅、陸上・伊藤も連覇逃す

秋山の金メダルが誕生した水泳で、この日も2個のメダルが生まれた。開会式で旗手を務めた木村敬一(日大)は、視覚障害の100メートル平泳ぎで初のメダルを獲得。レースでは、コースロープに体をぶつける場面もあったが、2位でフィニ […]

Read more ›
笑顔で報道人の前を通る女子S11クラスの100m背泳ぎで優勝した秋山里奈と寺西コーチ(撮影/吉村もと)

【9月2日/第5日目】水泳・秋山里奈が悲願の金メダル!鈴木孝幸も銅メダルで日本勢に弾み

大会5日目、水泳会場で日本勢2つのメダルが誕生した。女子100メートル背泳ぎの秋山里奈(明大院)は自らが持つ世界記録に及ばなかったものの、大会新記録で金メダルを獲得。北京大会では金メダルを目指して集中的に練習していた背泳 […]

Read more ›
ロンドンで復活した女子S11クラスの100m背泳ぎで、秋山里奈が悲願の金メダルを獲得した:撮影/吉村もと

秋山里奈 8年越しの表彰台で笑顔咲く「水泳を続けてきてよかった」

水泳の100m背泳ぎ(S11=視覚障害クラス)に出場した秋山里奈(明治大学大学院)が、悲願の金メダルを獲得した。8年前のアテネパラリンピックの銀メダル以来、8年ぶりの表彰台。目標としていた、自身が持つ世界記録の更新はなら […]

Read more ›
選手をたたえるチームGBの応援団=水泳会場

【31日/第3日目】自転車・石井雅史は6位、藤田は得意の追い抜きで予選敗退

ロンドンパラリンピック第3日目の31日、陸上でも試合が始まった。注目の男子走り幅跳びでは、山本篤(スズキ)が3本目で5m95をマークしたが、自身が持つ6m24に遠く及ばず、5位に終わった。日本選手団主将の土田和歌子(サノ […]

Read more ›
自己記録タイで5位入賞をはたした江島(撮影/吉村もと)

江島大佑、3度目だからたどり着いた新たなステージ=競泳

ロンドンパラリンピック2日目の30日(現地時間)、競泳男子100メートル背泳ぎ(S7)の決勝。そのレースを、江島大佑(京セラコミュニケーションシステム)は観客席から眺めていた。「やっぱり決勝に出たい」。午前中に行われた予 […]

Read more ›