投稿者: 荒木 美晴

連覇がかかる世界選手権に向けて意気込みを語る橋本(写真はオンライン記者会見のスクリーンショット)

世界1位の日本が連覇に挑む! 世界選手権が来月開幕

10月10日にデンマーク・ヴァイレで開幕する車いすラグビーの世界選手権の日本代表チームによるオンライン記者会見が22日、行われた。 12人の選手を代表して会見に出席した池透暢(3.0/日興アセットマネジメント)は、昨年の […]

Read more ›
階級を変更し、男子73㎏級に出場した瀬戸勇次郎(右)=講道館(撮影/植原義晴)

メダリスト瀬戸も階級変更、ルール改正で転換期迎えた柔道

第37回全日本視覚障害者柔道大会が11日、講道館で開催された。新型コロナの影響で、一昨年は中止、昨年は無観客試合となったが、今年は3年ぶりに有観客で行われた。 視覚障害者柔道は、大きな転換期を迎えようとしている。今年1月 […]

Read more ›
スピードを活かした鋭い攻撃で得点を重ねたザチャリー・マデル(中央)。渋谷区長杯のMVPを受賞した=渋谷区スポーツセンター(撮影/植原義晴)

【東京予選】Okinawa HurricanesとTOHOKU STORMERSが本選出場

「渋谷区長杯 第5回車いすラグビー大会 兼 第24回車いすラグビー日本選手権予選東京大会」が3日から2日間の日程で、渋谷区スポーツセンターで開催された。3チームが出場して総当たりを2回実施し、Okinawa Hurric […]

Read more ›
相手に囲まれながら、パスの先を探るFreedomの池。チームのヘッドコーチも務める=北村トレーニングセンター

【北海道予選】FreedomとRIZE CHIBAが本選へ

来年1月に開催される車いすラグビー日本選手権大会の予選が始まった。27日、先陣を切って北海道で開幕。2日間にわたって、岩見沢市の北村トレーニングセンターで6試合が行われ、Freedom(高知)が全勝、RIZE CHIBA […]

Read more ›
準優勝となった中村は「今後は自信を持つことを忘れずに攻めていきたい」と語った=駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

ボッチャ強豪国も参戦! 駆け引きと高精度の投球に観客から拍手

「2022ジャパンパラボッチャ競技大会」が20日から2日間にわたって、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われた。国内アスリートに加え、タイと韓国からも選手を招待。有観客での開催となり、緻密な戦略と高い投球技術か […]

Read more ›
大会7連覇を達成したカクテル=グリーンアリーナ神戸

カクテルが史上初の7連覇達成! MVPは柳本

「皇后杯 第31回日本女子車いすバスケットボール選手権大会」が6日から2日間にわたり、グリーンアリーナ神戸で行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2年半ぶりの開催となった今大会。6チームが参加し、3チームずつに分 […]

Read more ›
車いすカテゴリーを制し、最後に表情を緩めるWH1の飯塚裕人=渋谷区スポーツセンター

一打集中! 真夏の熱戦「渋谷オープン」開催!

渋谷区と日本パラバドミントン連盟(JPBF)主催の「渋谷オープンパラバドミントン2022」が24日、渋谷区スポーツセンターで開催された。JPBF の今年度のJPC次世代アスリート育成強化選手を含む11人が参加し、車いす( […]

Read more ›
女子100mと1500mに出場した土田は「ほかの選手に刺激をもらった」と語る==神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(撮影/植原義晴)

土田が1500mを制す! 車いすマラソンでパリを目指す

「WPA公認 第33回日本パラ陸上競技選手権大会」は12日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で最終日を迎えた。 昨年の東京パラリンピックはトライアスロンと車いすマラソンの2競技に出場し、パリ大会は車いすマラソンでの挑戦 […]

Read more ›
女子5000m(T12)をアジア新記録で制した道下美里(左)とガイドランナーの川口恵

道下が女子5000mでアジア新!

「WPA公認 第33回日本パラ陸上競技選手権大会」が11日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で開幕した。第1日目は2個のアジア新記録、11個の日本新記録、29個の大会新記録が誕生した。 東京パラリンピックのマラソン(T […]

Read more ›
決勝戦で相手ディフェンダーに囲まれながらも攻撃をしかけるFCアウボラーダの秋葉海人(左)=花博記念公園鶴見緑地競技場

王者・FCアウボラーダが5度目の優勝!

アンプティサッカーの「第7回レオピン杯Copa Amputee」が28日から2日間の日程で、大阪市の花博記念公園鶴見緑地球技場で開催された。競技普及、育成と強化を目的に2013年に始まった大会で、新型コロナウイルス感染症 […]

Read more ›