作者別: 荒木 美晴

男子59㎏級を制した光瀬智洋。すべての試技を成功させ、喜びを爆発させた=サンアビリティーズ城陽

東京パラへ前進、世界選手権代表メンバーが決定!

パラ・パワーリフティングの世界選手権(7月、カザフスタン)の代表選考を兼ねた「第2回チャレンジカップ京都」が13日から2日間にわたって、京都府城陽市のサンアビリティーズ城陽で開催された。 世界選手権は2020東京パラリン […]

Read more ›
フェンス際で相手の厳しいディフェンスをかわす黒田智成=品川区立天王洲公園

【WGP2019】日本はメダルに届かず……3位決定戦でスペインに敗れる

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」は24日、順位決定戦が行われ、3位決定戦で日本はスペインに0-1で敗れて4位だった。また、決勝はアルゼンチンがイングランドを2-0で下し、2大会連続の優勝を果たした […]

Read more ›
長身のコールマンと競り合う日本の守備の要・田中章人=品川区立天王洲公園(撮影/植原義晴)

【WGP2019】日本代表はイングランドに敗れて3位決定戦へ

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」は23日、準決勝が行われ、日本はイングランドに0-2で敗れた。準決勝のもう一試合は、アルゼンチンがスペインに勝利。大会最終日となる24日の3位決定戦は日本対スペイン […]

Read more ›
ディフェンスを振り切り、巧みなボールコントロールで前を向く川村=品川区立天王洲公園

【WGP2019】世界4位のスペインを撃破! 日本代表が準決勝進出!

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」は21日、大会3日目を迎え、日本がスペインを1‐0で撃破。通算2勝1分とし、グループリーグを1位で突破。23日の準決勝進出を決めた。 スペインは世界ランク4位の強豪 […]

Read more ›
コロンビアに勝利し、観客の声援に応える日本代表メンバー=品川区立天王洲公園

【WGP2019】日本が難敵コロンビアに逆転勝利!

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」は20日、グループリーグ第2試合が行われ、日本がコロンビアを2-1で破り、1勝1分けとした。 先制したのはコロンビア。前半6分、日本がペナルティエリアで相手を倒し、 […]

Read more ›
19日のロシア戦は0-0と引き分けた日本代表。2戦目以降の奮起に期待がかかる=品川区天王洲公園

【WGP2019】日本代表の初戦はロシアと引き分け

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」が19日、品川区立天王洲公園で開幕した。2020年まで3年連続で開催されるもので、今回は第2回大会となる。参加8カ国が2グループに分かれてリーグ戦を行い、その結果を […]

Read more ›
パラリンピックポイントレースを前に強化合宿で汗を流す鈴木亜弥子=ヒューリック西葛西体育館(撮影/荒木美晴)

いよいよ東京パラへのポイントレースがスタート! シーズン前強化合宿を公開

日本障がい者バドミントン連盟は18日、2019年度シーズン前強化合宿をパラバドミントン専用のヒューリック西葛西体育館をスタートさせ、初日の様子を報道陣に公開した。今シーズンの強化指定選手および次世代アスリートも発表され、 […]

Read more ›
男子5キロクラシカルで4位に入った新田の走り=西岡バイアスロン競技場(撮影/植原義晴)

【パラノルディックW杯】「北京を視野に」新田が4位! 川除は2日連続表彰台!

「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ(W杯)札幌大会」は17日、大会最終日を迎え、クロスカントリースキー・ショート(クラシカル)が行われた。男子立位は、川除大輝(日立ソリューションズJrス […]

Read more ›
両腕障害でストックを持たないLW5/7クラスの川除大輝が男子立位で優勝! (撮影/植原義晴)

【パラノルディックW杯】18歳・川除が今季2勝目!

3月12日に開幕した「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ(W杯)札幌大会」は16日、クロスカントリースキー・ミドル(フリー)が行われた。 男子立位は、高校3年生の18歳・川除大輝(日立ソリ […]

Read more ›
直前の世界選手権で銅メダルを獲得し、今大会も存在感を見せた工藤俊介(右)=千葉ポートアリーナ(撮影/小川和行)

【全日本】華麗な足技で魅せた! 伊藤、工藤、太田が優勝

東京2020パラリンピックの新競技であるパラテコンドーの全日本選手権が16日、千葉市のポートアリーナで行われた。実施種目は、男女キョルギ(組手)。パラテコンドーは上肢に障がいがある選手によるテコンドーで、頭部への攻撃が禁 […]

Read more ›