カテゴリー: 夏季競技

射撃・田口亜希「この点数が、今の実力」

射撃・田口亜希「この点数が、今の実力」

50メートル先の直径10.4ミリの点を撃ち抜く、射撃のライフル伏射(男女混合・SH1)。横一列に並び、1時間15分間の間に60発を撃つ本戦に臨んだ田口亜希(郵船クルーズ)は、最後の一発を打ち終えると、目を閉じ、静かに息を […]

Read more ›
水泳・鈴木孝幸、連覇逃すも「後悔するところのないレース」

水泳・鈴木孝幸、連覇逃すも「後悔するところのないレース」

鈴木孝幸(ゴールドウィン)がいた場所は、表彰台の真ん中ではなかった。しかし彼は、大観衆の声援に応え、何度もガッツポーズを作ってみせた。そこには、4年間の重圧から解放され、また4年間やりきったという充実感が漂っていた。 得 […]

Read more ›
秋山里奈 8年越しの表彰台で笑顔咲く「水泳を続けてきてよかった」

秋山里奈 8年越しの表彰台で笑顔咲く「水泳を続けてきてよかった」

水泳の100m背泳ぎ(S11=視覚障害クラス)に出場した秋山里奈(明治大学大学院)が、悲願の金メダルを獲得した。8年前のアテネパラリンピックの銀メダル以来、8年ぶりの表彰台。目標としていた、自身が持つ世界記録の更新はなら […]

Read more ›
柔道100Kg超級で金メダル第一号!

【9月1日/第4日目】柔道・正木が金メダル第1号! 水泳・中村も銀メダルを獲得!

柔道最終日に、ついに金メダリストが誕生した。男子100キロ超級決勝で、正木健人(徳島県立盲学校)が中国のWANG Songに、試合開始53秒で崩れけさ固めで1本勝ちをおさめ優勝した。正木は初戦の2回戦で、3連覇を狙うアテ […]

Read more ›
自己記録タイで5位入賞をはたした江島(撮影/吉村もと)

江島大佑、3度目だからたどり着いた新たなステージ=競泳

ロンドンパラリンピック2日目の30日(現地時間)、競泳男子100メートル背泳ぎ(S7)の決勝。そのレースを、江島大佑(京セラコミュニケーションシステム)は観客席から眺めていた。「やっぱり決勝に出たい」。午前中に行われた予 […]

Read more ›
“水の女王” ナタリー・デュトワが挑む最後のパラリンピック

“水の女王” ナタリー・デュトワが挑む最後のパラリンピック

これまでに競泳で10個の金メダルを獲得しているナタリー・デュトワ(南アフリカ)は、1984年生まれの28歳。14歳で水泳を始めた。 だが突然の悲劇が彼女を襲った。 2001年2月、17歳の時、朝の練習を終えてプールから高 […]

Read more ›
【30日/第2日目】競技がスタート、初日は日本勢はメダルならず

【30日/第2日目】競技がスタート、初日は日本勢はメダルならず

ロンドンパラリンピック第2日目の30日、競泳や柔道などの競技が始まった。各会場とも観客席はほぼ満席。新記録誕生の瞬間や地元の有力選手らが登場すると割れんばかりの歓声が響き、早くもオリンピックに勝るとも劣らない盛り上がりを […]

Read more ›
3度目のパラリンピック、「今度こそメダルを」の思いでロンドンへ臨む田口(撮影/吉村もと)

【LONDONプレビュー】射撃・田口亜希、「完璧」な満射でリベンジを誓う

エアライフルを始めてわずか3年でアテネパラリンピック日本代表になってから8年。アテネ、北京と入賞はするも、メダルを逃してきた射撃の田口亜希(郵船クルーズ)が、「今度こそ」の思いを胸に、ロンドンに挑む。 出場種目はエアライ […]

Read more ›
【LONDONプレビュー】車いすテニス・国枝慎吾インタビュー〜ロンドンが真の王者を待っている〜

【LONDONプレビュー】車いすテニス・国枝慎吾インタビュー〜ロンドンが真の王者を待っている〜

初戦から決勝まで、相手に1セットも与えない圧倒的な強さで頂点を極めた2008年の北京パラリンピック。その後、さらなる高みを求めて、国枝慎吾(ユニクロ)は日本人初のプロの車いすテニスプレーヤーになった。昨年9月の全米オープ […]

Read more ›
【LONDONプレビュー】競泳・鈴木孝幸、スランプ乗り越え真のチャンピオンへ

【LONDONプレビュー】競泳・鈴木孝幸、スランプ乗り越え真のチャンピオンへ

鈴木孝幸(ゴールドウイン)は、生まれつき右腕が肘までしかなく、両脚は一部しかない。6歳で水泳を始めた当初は、手の短いほうに進路が曲がってしまうなど、まっすぐに泳ぐことも容易ではなかったという。それでも、元々の運動神経の良 […]

Read more ›