カテゴリー: パラバドミントン

全試合ストレート勝ちで6度目Vを達成した男子SL3の藤原大輔=YMITアリーナ(撮影/植原義晴)

今季初の公式戦、6連覇の藤原は「感謝の気持ちでいっぱい」

「第6回日本障がい者バドミントン選手権大会」が12月19日から2日間にわたり、滋賀県草津市のYMITアリーナで開催された。新型コロナウイルスの影響で国内外の大会が中止となった今季初の公式戦。感染拡大防止のため無観客で、各 […]

Read more ›
左から、金メダルを獲得した女子SU5の鈴木、車いすWH1-WH2女子ダブルスの里見と山崎=国立代々木競技場第一体育館(撮影/植原義晴)

【ジャパン国際】鈴木、里見・山崎組が優勝!

「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」は17日、各クラス・種目の決勝が行われ、立位女子SU5の鈴木亜弥子(七十七銀行)がヤン・チュウシャ(中国)に21-19、22-20で勝利し、金メダルを獲 […]

Read more ›
立位女子SL4シングルス準決勝で強敵をフルゲームの末に破り、悲願の決勝に駒を進めた藤野遥==国立代々木競技場第一体育館(撮影/植原義晴)

【ジャパン国際】藤野、鈴木ら女子4組がファイナル進出!

「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」は16日、各クラスの準決勝が行われ、立位女子SL4の藤野遼(福岡大)が第1シードのヘッレ・ソフィエ・サグエイ(ノルウェー)にフルゲームの末に競り勝ち、決 […]

Read more ›
車いす男子WH2シングルスでベスト8に進出した、今勢いに乗る梶原大暉(14日撮影)=国立代々木競技場第一体育館(撮影/植原義晴)

【ジャパン国際】日本勢が決勝T進出! 若手選手も飛躍の大会に

熱戦が続く「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」。車いす男子WH1シングルスは、上位16人による決勝トーナメントに日本の7選手が駒を進めたが、いずれも1回戦で敗退。同WH2は高校3年の梶原大 […]

Read more ›
立位男子SL3の藤原大輔が決勝トーナメント進出。2大会ぶりの王座奪還を狙う=国立代々木競技場第一体育館(植原義晴)

【ジャパン国際】東京パラのテストイベントに世界のトップ選手が集結!

「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」が13日に国立代々木競技場第一体育館で開幕。東京2020パラリンピックのテストイベントとして実施されると同時に、パラリンピック出場権をかけた選考予選大会 […]

Read more ›
表彰式で金メダルを手にし、笑顔を見せる里見紗李奈=セント・ヤコブホール

【BASEL2019】車いすWH1女子単で里見紗李奈が初優勝!「自信になった」

パラバドミントン世界選手権は25日、大会最終日を迎えた。女子シングルス決勝では、車いすWH1の里見紗李奈(NTT都市開発)が元世界1位のスジラット・ポッカム(タイ)を21-16、21-15で下し、世界選手権初出場にして初 […]

Read more ›
男子WH2シングルスで初めて表彰台を決めた渡辺。ダブルスでも銅メダルを獲得するなど、飛躍の大会となった=セント・ヤコブホール

【BASEL2019】女子単で里見、鈴木が決勝進出! 渡辺はWH2男子で日本人初のメダル獲得

パラバドミントン世界選手権は24日、各種目の準決勝等が行われ、車いすWH1女子の里見紗李奈(NTT都市開発)、上肢障害SU5女子の鈴木亜弥子(七十七銀行)がそれぞれ決勝進出を決めた。 23日に4強入りを決めたダブルス6組 […]

Read more ›
フルゲームを制してベスト4進出を決め、抱き合って喜ぶ亀山・山田組=セント・ヤコブホール

【BASEL2019】ダブルス6種目でメダル確定! 亀山・山田ペア「本当に嬉しい」

パラバドミントン世界選手権は23日、各種目の決勝トーナメントがスタートした。立位SL3-SU5女子ダブルスでは、鈴木亜弥子(七十七銀行)・伊藤則子(中日新聞社)組、亀山楓(高速)・山田麻美(LAVA Internatio […]

Read more ›
男子SU5の正垣源の試合を見守る金正子ヘッドコーチ(左)と草井篤コーチ

【Writer’s eye】選手を支えるコーチ・スタッフ陣「金目指して、戦う準備を」

来年3月まで続くパラリンピックレースのなかで、世界選手権は「最大の山場」といえる。獲得ポイントが2倍となり、ここでの成績が出場権争いに直結するからだ。そんななか、日本代表選手が続々と決勝トーナメント進出を決め、良いムード […]

Read more ›
「リラックスして臨めている」と話す長島は、単複で決勝トーナメントに進出=セント・ヤコブホール

【BASEL2019】日本勢が存在感、各カテゴリーで決勝T進出

パラバドミントン世界選手権は22日、競技3日目を迎えた。 車いすWH1男子シングルスでは、長島理(LIXIL)が予選リーグ3戦全勝で1位通過。22日日のロシア人選手との試合では主導権を握ったが、「ドロップが短かったり、ク […]

Read more ›