カテゴリー: パラアイスホッケー

集合した選手にボードを使って動きを教える信田監督=やまびこスケートの森アイスアリーナ

新監督に信田憲司氏が就任! 新体制でシーズンスタート

日本パラアイスホッケー協会は28日、日本代表の新監督に信田憲司氏が就任したと発表した。 信田氏はアイスホッケーの強豪、国土計画(のちのコクド)のゴールキーパーとして活躍した元日本代表。引退後は指導者に転身。アイスホッケー […]

Read more ›
今大会最後の指揮を執った中北監督の指示に耳を傾ける選手たち=チェコ・オストラバ

【Writer's eye】パラアイスホッケー代表監督が、17年間選手に伝え続けたアスリートの魂

世界トップの8カ国が参加するパラアイスホッケーの世界選手権(Aプール/チェコ・オストラバ)が4日、閉幕した。決勝ではアメリカがカナダを延長戦の末、3-2で破り、2大会ぶりの優勝を果たした。日本代表は予選リーグで全敗し、順 […]

Read more ›
世界選手権を2大会ぶりに制し、喜ぶアメリカ代表=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRVA 2019】アメリカがカナダとの延長戦制し、2大会ぶり優勝!

パラアイスホッケーの世界選手権Aプールは4日、決勝が行われ、アメリカが延長戦の末、カナダを3-2で下して勝利し、2大会ぶりの頂点に立った。 世界選手権2連覇を狙うカナダと、平昌パラリンピック金メダルのアメリカのカード。両 […]

Read more ›
最終戦で円陣を組む日本代表。山積する課題があらためて浮き彫りになった=チェコ・オストラバ

【OSTRAVA 2019】スウェーデンに延長戦で敗れ、日本は最下位

パラアイスホッケー世界選手権Aプールは1日、7・8位決定戦が行われ、日本はスウェーデンに延長戦の末、3-4で敗れた。予選リーグ3試合を含め、全敗の最下位。平昌パラリンピック後のチーム再始動の遅れ、選手層の薄さが響き、世界 […]

Read more ›
ベテランの吉川守が唯一の得点を挙げた。順位決定戦では複数得点に期待したい=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】遠い1勝……、日本は予選グループ最下位で7・8位決定戦へ

パラアイスホッケー世界選手権Aプールは30日、予選リーグの最終戦が行われた。Bグループの日本は、同じく2敗のスウェーデンと対戦。1-1のまま突入した今大会初の5分間の延長戦でも決着がつかず、ペナルティショット対決のシュー […]

Read more ›
苦戦が続くなか、堅守のイタリアからキャプテンの児玉が1点を挙げた=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】イタリアに1-5で敗れる、日本はBプール降格

パラアイスホッケー世界選手権Aプールは28日、大会2日目を迎えた。予選リーグ1敗とあとがない日本はイタリアと対戦し、1-5で敗れた。このあとのチェコ対スウェーデンはチェコが勝利し、イタリアとともに2勝としたため、日本の来 […]

Read more ›
ゴール前に攻め込まれる日本。初戦は苦しい展開が続いた=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】チェコに大敗、日本は黒星発進

パラアイスホッケー世界選手権Aプールの予選リーグが27日、スタートした。Bグループの日本はチェコと対戦し、0-8で敗れた。 現地時間の土曜日の午後3時開始ということもあり、有料席ながら会場はチェコの観客でほぼ満席に。国旗 […]

Read more ›
激しいパック争いを繰り広げる長野の吉川(右)と東京の石川=やまびこスケートの森アイスアリーナ

【クラブ選手権】長野が全勝で王座奪還!初出場のロスパーダ関西も奮闘

パラアイスホッケーのクラブチーム日本一を決める「2018国内クラブチーム選手権大会」が12月8日から2日間の日程でやまびこスケートの森アイスアリーナで行われた。今大会は東京アイスバーンズ(東京)、長野サンダーバーズ(長野 […]

Read more ›
激しくパックを奪い合う両チーム=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】パラアイスホッケーはアメリカが3連覇! 延長戦でカナダを下す

パラアイスホッケー決勝が18日、江陵ホッケーセンターで行われ、アメリカがカナダに延長戦の末に2-1で勝利。金メダルを獲得した。 毎回、優勝候補に挙げられながら実はトリノ大会以来、3大会ぶりの決勝進出となった、現世界ランク […]

Read more ›
メダルセレモニー後、荒井秀樹監督と笑顔で写真におさまる新田=撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴

【平昌2018】距離スキーの新田が優勝! 日本勢3個目の金メダル

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(日立ソリューションズ)が優勝。日本勢3個目となる金メダルを獲得した。新田は14日の距離スプリント・クラシカル立位で2位に入っている。新田が金メダルを手にしたの […]

Read more ›