カテゴリー: パラアイスホッケー

ベテランの吉川守が唯一の得点を挙げた。順位決定戦では複数得点に期待したい=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】遠い1勝……、日本は予選グループ最下位で7・8位決定戦へ

パラアイスホッケー世界選手権Aプールは30日、予選リーグの最終戦が行われた。Bグループの日本は、同じく2敗のスウェーデンと対戦。1-1のまま突入した今大会初の5分間の延長戦でも決着がつかず、ペナルティショット対決のシュー […]

Read more ›
苦戦が続くなか、堅守のイタリアからキャプテンの児玉が1点を挙げた=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】イタリアに1-5で敗れる、日本はBプール降格

パラアイスホッケー世界選手権Aプールは28日、大会2日目を迎えた。予選リーグ1敗とあとがない日本はイタリアと対戦し、1-5で敗れた。このあとのチェコ対スウェーデンはチェコが勝利し、イタリアとともに2勝としたため、日本の来 […]

Read more ›
ゴール前に攻め込まれる日本。初戦は苦しい展開が続いた=チェコ・オストラバアリーナ

【OSTRAVA 2019】チェコに大敗、日本は黒星発進

パラアイスホッケー世界選手権Aプールの予選リーグが27日、スタートした。Bグループの日本はチェコと対戦し、0-8で敗れた。 現地時間の土曜日の午後3時開始ということもあり、有料席ながら会場はチェコの観客でほぼ満席に。国旗 […]

Read more ›
激しいパック争いを繰り広げる長野の吉川(右)と東京の石川=やまびこスケートの森アイスアリーナ

【クラブ選手権】長野が全勝で王座奪還!初出場のロスパーダ関西も奮闘

パラアイスホッケーのクラブチーム日本一を決める「2018国内クラブチーム選手権大会」が12月8日から2日間の日程でやまびこスケートの森アイスアリーナで行われた。今大会は東京アイスバーンズ(東京)、長野サンダーバーズ(長野 […]

Read more ›
激しくパックを奪い合う両チーム=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】パラアイスホッケーはアメリカが3連覇! 延長戦でカナダを下す

パラアイスホッケー決勝が18日、江陵ホッケーセンターで行われ、アメリカがカナダに延長戦の末に2-1で勝利。金メダルを獲得した。 毎回、優勝候補に挙げられながら実はトリノ大会以来、3大会ぶりの決勝進出となった、現世界ランク […]

Read more ›
メダルセレモニー後、荒井秀樹監督と笑顔で写真におさまる新田=撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴

【平昌2018】距離スキーの新田が優勝! 日本勢3個目の金メダル

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(日立ソリューションズ)が優勝。日本勢3個目となる金メダルを獲得した。新田は14日の距離スプリント・クラシカル立位で2位に入っている。新田が金メダルを手にしたの […]

Read more ›
試合を終え、観客に向かってお辞儀をする日本チーム=江陵ホッケーセンター(写真:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】日本は全敗、パラ8位。北京への課題は山積

パラアイスホッケーの7-8決定戦が16日、江陵ホッケーセンターで行われ、日本はスウェーデンに1-5で敗れた。 第1ピリオド開始2分、先制点を許した日本。第2ピリオド、上原大祐(NEC)がパックを持って飛び出しゴール前へ。 […]

Read more ›
初めてのパラリンピックの舞台でレフェリーを務めた山口壮太郎さん江陵ホッケーセンター(写真:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer's eye】平昌パラで毅然と裁く、パラアイスホッケーの日本人レフェリー

熱戦が繰り広げられている平昌パラリンピック。日本代表も出場しているパラアイスホッケーの会場・江陵ホッケーセンターで、「もう1人の日本人」がパラリンピックの舞台を初めて踏んだ。 レフェリー(主審)の山口壮太郎さんだ。 最初 […]

Read more ›
グループリーグ3試合で唯一の得点を挙げた高橋和廣=江陵ホッケーセンター(写真:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer's eye】パラアイスホッケー「おやじ軍団」は大苦戦。残り試合で意地を見せろ

平昌パラリンピックのパラアイスホッケーは13日、1次リーグの最終戦で日本がチェコに0-3で敗れた。すでに第1戦の韓国に1-4、第2戦のアメリカに0-10で屈していた日本は、グループB最下位の4位となった。今後は14日のプ […]

Read more ›
【平昌2018】熱戦続くパラリンピック、村岡は自身3個目のメダル獲得

【平昌2018】熱戦続くパラリンピック、村岡は自身3個目のメダル獲得

13日に行われたバイアスロン立位では、男子12.5キロの佐藤圭一(エイベックス)、女子10キロの出来島桃子(新発田市役所)がそれぞれ9位となった。阿部友里香(日立ソリューションズ)は11位、星澤克(北海道立命館慶祥高)は […]

Read more ›