投稿者: 荒木 美晴

日本クアード初のメダルを獲得した諸石(写真右端)・菅野(写真左端)組。ふたりは「みんなでつかんだメダル」とチームのサポートに感謝した=有明テニスの森(撮影/植原義晴)

【東京2020】諸石・菅野組が深夜の死闘を制し、クアード初の銅メダル獲得!

〈東京パラリンピック〉車いすテニス/クアードダブルス3位決定戦 他(9月1日、有明テニスの森) クアードダブルスは3位決定戦が行われ、諸石光照(EY JAPAN)/菅野浩二(リクルート)組がアンディ・ラプソーン/アントニ […]

Read more ›
15得点をマークし、チームの勝利に大きく貢献した鳥海連志=有明アリーナ(撮影/佐山篤)

【東京2020】男子バスケ代表が強豪オーストラリアに勝利! 準決勝へ

〈東京パラリンピック〉車いすバスケットボール/男子準々決勝(9月1日、有明アリーナ) 男子車いすバスケットボールは準々決勝が行われ、日本がオーストラリアを61-55で下し、準決勝進出を決めた。前半を5点リードで折り返した […]

Read more ›
男子100m平泳ぎ(SM11)で日本のエース・木村敬一が銀メダル獲得!=アクアティクスセンター(撮影/佐山篤)

【東京2020】木村敬一が100m平泳ぎで銀メダル獲得!

〈東京パラリンピック〉競泳/男子100m平泳ぎSB11決勝 (9月1日、東京アクアティクスセンター) 男子100m平泳ぎ(SB11)で日本のエース・木村敬一(東京ガス)が1分11秒78で銀メダルを獲得した。自己ベストには […]

Read more ›
男子シングルス準々決勝で長年のライバルであるステファン・ウデを破った国枝慎吾=有明テニスの森(撮影/植原義晴)

【東京2020】国枝がライバル・ウデとの激闘制し、準決勝進出!

〈東京パラリンピック〉車いすテニス/男子シングルス準々決勝(9月1日、有明テニスの森) 過去に60回対戦しているレジェンド同士の一戦は、歴史に残る名勝負となった。男子シングルス準々決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が […]

Read more ›
女子シングルス準々決勝で世界ランク1位のデ グロートと対戦した大谷桃子(左)=有明テニスの森(撮影/佐山篤)

【東京2020】初出場の大谷はベスト8、ダブルスで表彰台を狙う

〈東京パラリンピック〉車いすテニス/女子シングルス準々決勝 他(8月31日、有明テニスの森) 初出場の大谷桃子(かんぽ生命保険)は、女子シングルス準々決勝で世界1位のディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦。3-6、2- […]

Read more ›
得意種目のロード女子個人タイムトライアル(C1~C3)で優勝を果たした杉浦(写真中央)=富士スピードウェイ(撮影/植原義晴)

【東京2020】杉浦が自転車ロードで金メダル!

〈東京パラリンピック〉自転車/ロード女子個人タイムトライアル(8月31日、富士スピードウェイ) 自転車競技は男女ロードのタイムトライアルが行われ、女子(C1~C3)の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が25分55秒76で優勝 […]

Read more ›
準決勝では悔し涙を流したが、銅メダルを獲得しチームを牽引したベテラン勢も笑顔を見せた。左から池透暢、島川慎一、池崎大輔=国立代々木競技場(撮影/植原義晴)

【東京2020】車いすラグビーが銅メダルを獲得。悪夢から立て直し「5年間やってきたことは間違いない」

東京2020パラリンピックの車いすラグビーは29日、国立代々木競技場で3位決定戦が行なわれ、日本がオーストラリアを60-52で下し、リオ大会に続き、2大会連続で銅メダルを獲得した。手にしたのは、彼らが思い描いていた色のメ […]

Read more ›
クアードシングルスで準決勝進出を果たした菅野=有明テニスの森(撮影/植原義晴)

【東京2020】菅野が4強入り! クアード初のメダル獲得なるか

〈東京パラリンピック〉車いすテニス/クアードシングルス準々決勝(8月30日、有明テニスの森) 車いすテニスのクアードシングルス準々決勝が行われ、世界ランク6位で初出場の菅野浩二(リクルート)が同4位のデビッド・ワグナー( […]

Read more ›
全治1年の右ひじの怪我を克服し、東京パラに臨んだ眞田。シングルスは敗れたが、ダブルスで頂点を狙う=有明テニスの森(撮影/植原義晴)

【東京2020】ケガ克服の眞田はリードに敗れて3回戦敗退、ダブルスは準決勝に進出

〈東京パラリンピック〉車いすテニス/男子シングルス3回戦(8月30日、有明テニスの森) 車いすテニスは男子シングルス3回戦が行われ、眞田卓(凸版印刷)が第5シードのゴードン・リード(イギリス)と対戦し、2-6、1-6で敗 […]

Read more ›
藤田道宣は男子エペ(予選敗退)にも出場。選手紹介でいい表情を見せる=幕張メッセBホール(撮影/植原義晴)

【東京2020】あえていばらの道を進んでいこう。車いすフェンサー・藤田道宣が照らしたパリへの道しるべ

「悔しいということだけですね。自分の力を発揮できなかった」 車いすフェンシング日本代表の藤田道宣(日本オラクル)は試合後、そう言葉を振り絞った。東京2020パラリンピックの競技4日目、28日に行われた男子フルーレ(カテゴ […]

Read more ›