カテゴリー: 夏季競技

色々なことにチャレンジしながら強くなっている藤田道宣 ※写真は「IWAS車いすフェンシング・ワールドカップ京都大会」のもの

【Writer's eye】車いすフェンサー藤田道宣は、無意味と言われたことを武器にして勝つ

アスリートの「覚醒の時」――。 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することが […]

Read more ›
世界選手権を初めて制した日本代表を率いた池透暢 ※写真は車いすラグビーワールドチャレンジ2019のもの

【Writer's eye】車いすラグビーで世界一になるため、池透暢は主将の役割を「捨てた」

アスリートの「覚醒の時」――。 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することが […]

Read more ›
2014年、全仏オープンシングルスで初優勝を飾った上地結衣 ※写真は2020年全豪オープン準決勝のもの(撮影/植原義晴)

【Writer's eye】上地結衣が「信じられない」と喜びの涙。全仏OP初制覇で観客を魅了した

アスリートの「覚醒の時」――。 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することが […]

Read more ›
カナダとの最終戦でスタメンで起用され、序盤から得点を重ねたチーム最年少の柳本あまね=丸善インテックアリーナ大阪(撮影/植原義晴)

大阪カップ、日本は強豪追いつめるも4連敗で最下位

「2020国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会(大阪カップ)」が14日から3日間の日程で、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われた。 今大会は日本、2018年の世界選手権銀メダルのイギリス、同5位のカナダの3カ […]

Read more ›
2年ぶり10度目の全豪オープン優勝を果たした国枝慎吾

【Writer's eye】全豪10度目優勝の国枝慎吾が「今がいちばん強い」と言える理由

壮絶な打ち合いの末、チャンピオンシップポイントを手にする。彼のテニスは勢いを増し、追い込まれた相手は返球するのがやっとだった。メルボルンの夏の青空に向かって高く上がったボール。彼はその下で体勢を整えると、渾身の力でスマッ […]

Read more ›
全豪で単複優勝と、2020年最高のスタートを切った上地結衣

【Writer's eye】上地結衣、強化した秘策が成功。緻密な作戦も功を奏し全豪OPを制す

降雨による順延で1日遅れとなった決勝戦。相手のファンクートは2013年の全豪勝者で、昨年のウインブルドンを制している強敵だ。フォアハンドから強烈なショットを繰り出すファンクートに対し、上地は相手のバック側を突くラリーに持 […]

Read more ›
【全豪OP】国枝・上地がそろって優勝!国枝は10度目V、上地は単複二冠達成の快挙!

【全豪OP】国枝・上地がそろって優勝!国枝は10度目V、上地は単複二冠達成の快挙!

全豪オープンテニス車いすの部は2日、男女シングルス決勝が行われ、男子の第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)はゴードン・リード(イギリス)を6-4、6-4で、また女子の第2シードの上地結衣(三井住友銀行)はアニク・ファンクート […]

Read more ›
クアードシングルス決勝でラプソーンをストレートで下し、6連覇を達成したディラン・アルコット=オーストラリア・メルボルンパーク(撮影/植原義晴)

【全豪OP】クアードは地元出身のアルコットが6連覇達成!

全豪オープンテニス車いすの部は1日、クアードのシングルス決勝がロッド・レーバー・アリーナで行われ、大会5連覇中のディラン・アルコット(オーストラリア)が全米王者のアンディ・ラプソーン(イギリス)を6-0、6-4で破り、6 […]

Read more ›
女子ダブルスで息の合ったプレーを見せ、優勝を飾った上地(右)・ワイリー組=オーストラリア・メルボルンパーク(撮影/植原義晴)

【全豪OP】女子複で上地・ワイリー組が優勝!

全豪オープンテニス車いすの部は31日、ダブルス決勝が行われ、上地結衣(三井住友銀行)/ジョーダン・ワイリー(イギリス)組がディフェンディングチャンピオンのディーダ・デ グロート/アニク・ファンクート(オランダ)組を6-2 […]

Read more ›
気温が上がったため3時間45分にわたって試合が中断したが、再開後も集中力を保ち、難敵ヒューウェットを退けた国枝=オーストラリア・メルボルンパーク(撮影/植原義晴)

【全豪OP】上地が単複で決勝進出! 国枝も単で決勝へ

全豪オープンテニス車いすの部は30日、シングルス準決勝が行われ、男子の国枝慎吾(ユニクロ)がアルフィー・ヒューウェット(イギリス)を6-3、6-3のストレートで下し、2大会ぶりの決勝進出を決めた。また女子の上地結衣(三井 […]

Read more ›