カテゴリー: 冬季競技

パラ出場経験もあるリードの斉藤あや子ら経験豊富な選手がそろい、優勝したチーム長野=新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(撮影/荒木美晴)

混戦の日本選手権は、チーム長野が制す!

「第14回日本車いすカーリング選手権大会」が25日~27日の3日間にわたって、新潟アサヒアレックスアイスアリーナで行われた。 全国のブロック予選を勝ち抜いた6チーム(本州ブロック:チーム長野・青森チェア・ease埼玉、北 […]

Read more ›
7、8位決定戦でもスウェーデンを相手に厳しい戦いを強いられた日本=江陵ホッケーセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer’s eye】平昌で全敗のパラアイスホッケー日本。 再起へ待ち受けるイバラ道

平昌パラリンピック最終日の3月18日、江陵ホッケーセンターではパラアイスホッケー決勝が行なわれた。開場が満員になったそのカードは、ともに優勝候補のカナダ対アメリカ。試合は最終ピリオドの終了直前に同点に追いついたアメリカが […]

Read more ›
最終種目の回転で雪質のよくない中でも滑りきった森井大輝=旌善アルペンセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer’s eye】チェアスキー森井大輝、滑降から回転まで「オールラウンダー」の誇り

チェアスキーヤー・森井大輝(トヨタ自動車)の5大会目のパラリンピックが幕を下ろした。5種目にエントリーしたうち、初日の滑降で銀メダルを獲得。最高のスタートを切ったが、続くスーパー大回転は8位、スーパー複合と大回転は途中棄 […]

Read more ›
メダルセレモニー後、荒井秀樹監督と笑顔で写真におさまる新田=撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴

【平昌2018】距離スキーの新田が優勝! 日本勢3個目の金メダル

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(日立ソリューションズ)が優勝。日本勢3個目となる金メダルを獲得した。新田は14日の距離スプリント・クラシカル立位で2位に入っている。新田が金メダルを手にしたの […]

Read more ›
3本とも攻めの滑りで金メダルを獲得した成田緑夢=旌善アルペンセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【Writer’s eye】パラスノーボード成田緑夢。リスクを恐れず、攻め続けて金メダル

平昌パラリンピックのパラスノーボードは16日、旗門を設置したコースを3回滑走し、最速タイムを競うバンクドスラロームが行なわれ、男子LL2(下肢障がい)の成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダルを獲得。平昌大会からの新競技で […]

Read more ›
力走する新田佳浩

【平昌2018】ノルディック距離で新田が2大会ぶりの表彰台!

アルペンシア・バイアスロンセンターで行われたノルディックスキー距離スプリント・クラシカル男子立位で、パラリンピック5大会目の新田佳浩(日立ソリューションズ)が銀メダルを獲得。2個の金メダルを獲得したバンクーバー大会以来、 […]

Read more ›
メダルセレモニーで笑顔を見せる村岡桃佳=平昌メダルプラザ(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】村岡4つ目メダルは金! 大回転で夢結実「どうしても金が欲しかった」

旌善アルペンセンターでは14日、アルペンスキーの大回転が予定を変更して行われ、村岡桃佳(早稲田大)が金メダルを獲得した。 村岡は1本目で2位に1秒40差をつけてトップに立つと、2本目も積極的な滑りで逃げ切った。 フィニッ […]

Read more ›
【平昌2018】熱戦続くパラリンピック、村岡は自身3個目のメダル獲得

【平昌2018】熱戦続くパラリンピック、村岡は自身3個目のメダル獲得

13日に行われたバイアスロン立位では、男子12.5キロの佐藤圭一(エイベックス)、女子10キロの出来島桃子(新発田市役所)がそれぞれ9位となった。阿部友里香(日立ソリューションズ)は11位、星澤克(北海道立命館慶祥高)は […]

Read more ›
銅メダルを獲得し、笑顔を見せる成田(右)==旌善アルペンセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】スノーボードクロスで成田が銅メダル獲得!

旌善アルペンセンターで12日、スノーボードクロス決勝が行われ、男子LL2(ひざ下障がい)の成田緑夢(近畿医療専門学校)が銅メダルを獲得した。レース後、成田は「嬉しいです。前回ソチ大会のメダリストが全員出ている舞台で勝ち上 […]

Read more ›
美しい弧を描き攻める三澤拓=旌善アルペンセンター(撮影:フォトサービス・ワン/植原義晴)

【平昌2018】村岡が2日続けてメダル獲得!狩野は5位、3連覇ならず

旌善アルペンセンターで11日、スーパー大回転が行われた。表彰台が期待された男子は、座位の狩野亮(マルハン)が5位に終わり、バンクーバー、ソチ大会に続く3連覇はならなかった。滑降で銀メダルを獲得した森井大輝(トヨタ自動車) […]

Read more ›