これまでの記事一覧

次世代アスリートとして注目される里見紗李奈が単複2冠! =町田市立総合体育館(撮影/植原義晴)

強豪不在も大会盛り上げた日本勢、9個の金メダル獲得

「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018」は30日、最終日を迎えた。日本人選手がシングルス8人、ダブルス8組が決勝まで勝ち上がり、最後まで会場を盛り上げた。 地元の声援を受けながら、男子SU5シ […]

Read more ›
1次リーグ2戦2勝と波に乗る男子上肢障がいSU5の正垣源(Tポイント・ジャパン)=町田市立総合体育館(撮影/植原義晴)

熱戦開幕! シャトル追って頂点へ!

パラバドミントンの国際大会「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018」が26日、町田市立総合体育館で始まった。世界バドミントン連盟(BWF)の公認大会のひとつで、昨年に引き続いての開催が実現。世界 […]

Read more ›
男子200m自由形(知的障害S14)で日本新記録を樹立した東海林=横浜国際プール(撮影/植原義晴)

【水泳ジャパンパラ】海外トップスイマーに刺激、19歳東海林、17歳小池らが表彰台

「World Para Swimming 公認2018ジャパンパラ水泳競技大会」が22日から横浜国際プールで行われている。今大会は海外のトップスイマーも参戦している。 競技2日目の23日、男子200m自由形(知的障害S1 […]

Read more ›
シャフトもしなる重さに挑戦した「世界一の力持ち」ラーマンの試技=北九州芸術劇場(撮影/植原義晴)

【DAY5】世界最強の剛腕・ラーマン登場! 今大会最重量の280㎏成功に大歓声

8日に開幕した「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」は12日、最終日を迎え、男子107㎏級と107㎏超級、女子86㎏級と86㎏超級が行われた。 男子107㎏級 昨年の世界選手 […]

Read more ›
試技を成功させ、喜びを爆発させる大堂。「僕はもっともっと強くなる」とコメントした=北九州芸術劇場(撮影/植原義晴)

【DAY4】195㎏に成功「軽く感じた」男子88㎏級で大堂秀樹が銅メダル獲得!

「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」は11日、競技4日目を迎え、男子88㎏級と92㎏級、女子73㎏級と79㎏級が行われた。 男子88㎏級 大堂秀樹(個人)が男子88㎏級で1 […]

Read more ›
男子72㎏級で4位に入った樋口健太郎の力強い試技=北九州芸術劇場(撮影/植原義晴)

【DAY3】ケガから1年、急成長中の樋口健太郎が男子72㎏級で4位入賞!

「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」は10日、競技3日目を迎え、男子72㎏級と80㎏級、女子61㎏級と67㎏級が行われた。 男子72㎏級 日本勢トップは4位入賞を果たした樋 […]

Read more ›
男子59㎏級は、19歳のクイ・ヨンカイ(中国)が188㎏を成功させ、ジュニアの世界新記録樹立&一般でも優勝の快挙を達成!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

【DAY2】ジュニア勢が存在感、19歳クイ・ヨンカイが男子59㎏級を制す

「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」は9日、競技2日目を迎え、男子59㎏級と65㎏級、女子50㎏級と55㎏級が行われた。 男子59㎏級 会場を盛り上げたのは、19歳のクイ・ […]

Read more ›
昨年の世界選手権優勝のグオが、自ら持つ世界記録を見事更新!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

【DAY1】女子45㎏級で世界新! 中国のグオが自らの記録を更新

競技初日の8日は、男子49㎏級と54㎏級、女子41㎏級と45㎏級が行われた。 男子49㎏級 男子で最も軽量のクラスで10選手が出場。リオパラリンピック銀メダルのクァラダ・オマール・マハデフ(ヨルダン)が175㎏を挙げて優 […]

Read more ›
22の国と地域から約200名の力自慢が参加!=北九州芸術劇場(撮影/荒木美晴)

2020年東京パラへの第一歩、アジアオセアニア選手権開幕!

日本で初開催となるパラパワーリフティングの国際大会「北九州2018ワールドパラパワーリフティングアジア‐オセアニアオープン選手権大会」が9月8日、福岡県の北九州芸術劇場で開幕した。 2020年東京パラリンピックに出場する […]

Read more ›
CPサッカー日本代表として活躍が期待される大野=カナフィールド(撮影/荒木美晴)

【Writer’s eye】「泥臭く、人を楽しませるプレーを」 CPサッカー日本代表・大野僚久が歩む、サッカー人生

CPサッカー(脳性まひ者7人制サッカー)日本代表、大野僚久(ともひさ)。幼いころから、彼のそばにはいつもサッカーボールがあった。 小学2年でサッカーを始め、平日・休日問わずに練習に明け暮れる毎日。「ボールを長く持ちたい」 […]

Read more ›